Hulu、Netflix、U-NEXT、dTVなどをはじめとする動画配信サービスをオリジナルキャラクターのボドが独自視点でご紹介。

VODとレンタルビデオの違い

レンタルビデオとの違い

質問ボド美VOD(ビデオ・オン・デマンド)が便利なのはなんとなくわかったけど、今利用しているレンタルショップがあるのにわざわざVODサービスに加入する必要性ってあるのかしら?今でも十分便利だし手間もいう程かからない気がするの。

回答ボド確かに長年慣れてきている習慣というのもあるし、今のままで金銭面でも利便性でも特に気にならないなら変える必要はないかもしれないね。でも、一度使ってみると分かるけど、乗り換えるメリットは十分にあると思うよ。自分専用のレンタルショップのようなものを持ちたいかどうか?という事で考えてみると良いかもしれないよ!

 

ボド指一本50天気が悪い日も返却の必要はなし

例えば天気の悪い日などに返却期限がぶつかってしまってものすごく億劫な気分になる事があると思います。VODサービスはネット回線を通じてデータを配信しているだけなので返却のためにわざわざお店に行く必要がないというのは大きなメリットです。

返却の時に次に借りる作品を物色する楽しみは捨てられないという場合には別ですが、返却の手間がないというのは一度慣れるととても楽なものです。

動画それぞれの視聴期間の考え方はVODサービス会社によって様々であり、配信している間は無制限で何度でも観られる場合と、PPV(ペイ・パー・ビュー)などの場合には2日間のみ視聴可能というように視聴期限が儲けられているものもあります。

ボド指一本50貸し出し中がない

何といってもVODサービスの強みは貸し出し中がないという事です。この点についてはレンタルショップでは絶対に勝てない点と言えます。人気作品である、なしに関わらず配信されているものであれば常に視聴は可能です。また、シーズンもののドラマなども全エピソードが配信されている場合などは、一気に視聴する事も可能というわけです。

ボド指一本50料金体系が豊富

レンタルショップとの違いは料金体系の違いも挙げられます。レンタルショップの場合には通常1本単位、あるいはシリーズ単位など借りた分に対して料金を払うのが普通ですが、VODサービスの場合にはこの方法がサービス会社によって異なります。

Hulu(フールー)の場合には月額933円(税抜)の定額制を取っており、Huluで配信している作品を24時間1か月観つづけてもこれ以上には一切の料金がかかりません。そのため、毎月多くの作品をレンタルしていた方であればすぐに元が取れてしまいます。つまり、観ても観なくても支払う料金は全く一緒というわけです。

他には作品ごとに価格を設定している会社もあります。PPV(ペイ・パー・ビュー)というシステムで要は観た分だけ支払いましょうというレンタルショップとほぼ同じ方式です。加えてHuluのような定額制とPPVを合わせたようなシステムを取っている会社もあります。

ボド残念50料金が安いところは旧作がメイン

Huluがその低価格で成り立っているのには理由があり、最新作品がほとんど配信されてないためです。皆無ではありませんが、レンタルショップに最新作が並んでいるのに見慣れている方は最初はがっかりするかもしれません。その反面、海外ドラマの過去の人気作品などを目的にするなら全く問題はありません。レンタルショップで言うところの準新作というマークがはずれたくらいの作品がHuluには多くあります。

U-NEXTなどは定額制に加えてPPV作品やポイント作品という枠組みもあり、最新作は定額とは別枠のPPV(またはポイント使用)で視聴できるようにしています。一部旧作でも定額範囲外のもあるので、サービス会社によっての違いは把握しておく方が良いでしょう。

ボド残念50吹替版は必ずしもあるとは限らない

レンタルの場合には字幕と吹替が一枚のディスクに入っているのが普通ですが、動画配信サービスの場合、それらは別々のデータという事もあり、必ずしも吹替があるとは限りません。「字幕作品>吹替作品」という状況だと認識した方が良いでしょう。通常のレンタルでも字幕メインの場合には問題と感じる事はほぼないでしょう。

ボド残念50配信期限に気を付けましょう

良いところばかりに見えるVODサービスですが、弱い部分ももちろんあります。それは配信期限についてなのですが、レンタルショップなどの場合、人気作品がいきなり1本もなくなるというのはほとんど見かけないわけですが、VODサービスの場合にはそういう事が普通に起こります。サービス会社によっては配信開始の時点で作品ごとに視聴期限を設定してユーザーが分かるところに記載しているものもありますが、Huluなどはぎりぎりになって配信停止が決まることも多く、観ようと思っていたドラマがシーズンごと1週間後に全部配信停止という事も普通にあります。作品ごとのニーズも絡んでくると思われますが、このシステムに慣れてないと最初は戸惑ってしまうかもしれません。

ただし、配信停止になる作品があるという事は新しい作品が入るという事でもあり、また配信停止になっても再度復活するケースもあるため必ずしも終わったものがも二度と観られないというわけでもありません。本当に観たいものはリクエストなどを出す事も可能です。同じ作品へのニーズが高い場合には再配信となる事もあります。

ボドがっかり50用意されているシーズンの違いがある

レンタルショップとVODサービスで大きく違いを感じる点の一つです。レンタルショップではそこで貸し出している作品については発売されているシーズンが全て置いてあることが多いと思いますが、VODの場合、シーズンが揃ってない事は普通にありますし、飛び飛びで配信している事もあります。またサービス会社によってはHuluのように奇数月と偶数月とで配信シーズンを変えている所もあります。

ボド指一本50様々な場所で楽しめるのが強み

DVDレンタルなどとの違いは特にこの点です。人気のあるVODサービスのほとんどがマルチデバイスに対応しています。例えばDVDの場合、DVDプレイヤーがあるところでないと観られないわけですが、VODの場合は多くの会社がモバイル用のアプリを公開しているため外出時でもスマホやタブレットでドラマなどが楽しめます。どの端末に対応しているかはサービス会社によって異なりますが、人気のある端末であれば使う事ができるものが多いと考えても問題はありません(但し、Android端末の最新機種などでは発売後すぐには利用できない事もあります)。

さらに、それらのデバイス間でのやりとりがスムーズなのもVODのメリットです。自宅のパソコンで映画を途中まで観たとします。そのまま外出時に電車内でスマホのアプリを開けば、それまで観た部分の続きからシームレスに視聴できるのです。但し、動画はデータ通信料が多いため外で視聴する時はこの点を意識しないといきなり契約データ量の上限になってしまう事もあるため注意が必要です。

ボド指一本50自分専用レンタルショップと考える

VODの考え方で一番しっくりくるのが「自分専用レンタルショップ」であるというものです。自分専用なので貸し出し中もなく、好きな時に好きなものを観る事ができるわけです。自分専用のレンタルショップを持つのが月数百円~数千円と考えれば、このサービスがいかにお得なものか実感できると思います。しかも使わなくなればいつでも手放せる手軽さです。今後レンタルショップに変わって一人1サービス、あるいは2サービス以上に加入する方も普通に出てくると思います。

ボド指一本50VODは回線速度や安定性が重要

DVDの場合にはそれこそ大きな傷が入っていなければ視聴に影響が出る事はほとんどありませんが、ビデオ・オン・デマンドの場合にはストリーミングによるデータ再生が基本のため回線速度や安定性に大きく視聴環境が依存します。但し、VODサービス会社によっては視聴形式の一つにダウンロードが含まれるものもあり、その場合にはダウンロード後はインターネットの回線速度などはほぼ関係なくなります(ダウンロード版でも権利のチェックのために最初に少しだけネット接続が必要なものもあります)。画質については回線速度などが問題なければDVD以上の画質で視聴出来る事は普通にあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

管理人利用中VODサービス

利用中データ通信サービス

Twitter

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © ボドの動画サービス(VOD)比較 All Rights Reserved.