Huluなどのビデオ・オン・デマンドサービスはそもそも自分には不要と考えている方も多いと思います。例えばレンタル店にそもそもほとんど行ってなくて安い時だけ借りていたなどの方ですね。この点について私の経験をお話させて頂きます。

私は旧作100円しか借りていませんでした

今でこそVODサービスの比較サイトを運営している私ですが、実はそれほどレンタル店を利用していませんでした。借りない月は1本も観ないという事もざらでした。仕事が忙しかったこともありますが、借りてきて返すというのが面倒だったというのもあります。それに新作400円とか急いで観る必要性も感じていなかったというのもあります。

海外ドラマも実はそれほど興味がありませんでした。借りるのはもっぱら映画ばかりの時代もありました。

しかし、その考え方が一転したのは仕事で地方に行った時の休憩時間に何となくネットカフェにあった「24」を「話題になっているし・・・」程度の気持ちで観た事がきっかけです。

まさか!と思うくらいはまりました。これほどの規模の作品が海外ではドラマで普通に観られるのか!というのが正直な感想です。スケールもシナリオもはまり度も半端なく驚いたのです。休憩時間だけでは全部を観る事は出来ませんでしたので地元に帰ってから大人買いで「24」の全巻セットのDVDを買いました。借りに行って返すのが面倒なくらい、すぐに続きを観たかったからです。

今はビデオ・オン・デマンドなしでは語れません

そんな私がHuluにはいろうと思ったのは、月額が安くなったのがきっかけでした。当初の1,480円というのは自分がレンタルに使う金額としては高かったので躊躇していたのですが、月額980円(現在は月額933円(税抜))になった時に試してみようと思い、まずは画質だけの確認のため1話無料を視聴し、その快適さからすぐに無料トライアルに登録しました。

最初に観たのは「LOST」だったと記憶しています。無料期間に何とか全部観てやる!と思ったのが理由ですが、何とか頑張りましたが、身体を壊しました。本当に無理をしたなというのが感想です。

結局、それ以外にも観たい作品が多くあったのでHuluへそのまま加入し、今に至ります。間もなく加入から3年が経過しようとしていますが、解約を考えた事は一度もありません。しかも今U-NEXTも併用しています。

思ったよりもはるかに有用なサービスだった

元々レンタルもほとんどしていなかったので、自分にとって必須のものではありませんでした。しかし、3年近くも加入している理由としては、自分が思っていなかったくらい、VODで生活に幅が出来た事だと思います。

モバイルで外出先で視聴できるというのは特に私には合いました。人との待ち合わせの時間や、ちょっとした空き時間にドラマを観るというのは結構はまるものです。最初は小さい画面での視聴はどうなのか?と思いましたが、私にとっては大画面で観るよりも映像全てに目が行き届くモバイルの方がある意味集中できると気づいたのです。

また、元々民放のドラマなどはよく観ていましたが、以前に比べると面白いものが少なくなったというのもあります。そこに割いていた時間がVODサービスに変わったというのが実情です。

このサイトでも書いていますが「自分専用レンタルショップ」があるという感覚はまさにぴったりの表現です。他の人に気がねなく配信されているものは視聴できますし、自動で作品の入れ替えもしてくれるわけです。しかも履歴の管理などもしてくれる。こんなに便利なものはありません。

私の経験ではありませんが、「そんなにレンタルも利用しないし」というくらいの人こそ、VODサービスを実際に試してほしいと思っています。

Huluなら月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマが見放題!

動画を見るならU-NEXT

ブログランキング・にほんブログ村へ