本日は最近VODサービスで多くなってきたリアルタイム配信について思う事を書きたいと思います。例えばHuluではFOXチャンネルをリアルタイムで配信しています。

リアルタイムを実際観るのだろうか?

まずこれは私の疑問なのですが、皆さんはリアルタイム配信を観ているのだろうか?という事です。確かに本来の配信よりも早く視聴できるため大好きな作品であれば観たい!と思うわけですが、例えばHuluでは「ウォーキング・デッド」を例にとるとリアルタイム配信の4日後くらいには通常の配信枠にて配信を開始します。

この4日が我慢できるかどうかだと思うのですが、個人的にはリアルタイム配信というのはVODサービスの良さである「いつでも観られる」というものと異なり、いわゆる民放テレビと同じ立ち位置にあるわけです。要は何日の何時から開始のドラマを観るというわけです。

元々私はテレビで放映されている時間に観続ける事が出来ないためにVODサービスに足を踏み込んだ部分もありますので、実際問題、リアルタイム配信の番組表もほとんど見ていない現実があります。いや、ほとんどではなく一切見ていないに近いかもしれません。

4日後に配信開始ならそれでもいいかなというのが本音です。

というわけで他の方は知りませんが、VODサービスでのリアルタイム配信というのは、ドラマについて言えばそれほど必要とも思わないというのが本音です。

ライブについてはリアルタイムは嬉しい

さて、そうは言っても、リアルタイムは絶対に観ないか?と言えばそうでもありません。例えばdTVなどが力を入れているアーティストのライブなどは、まさにリアルタイムの方が嬉しいわけです。

これはライブの臨場感を会場にいる人と一緒に共有する時間となるためです。この辺がドラマとライブでは感覚が少し異なるかなと思っています。

現在はdTVへ加入していないためこのライブも観る事はありませんが、加入していたらおそらく観るだろうと思っています。

別にリアルタイムを否定していません

いろいろと個人的見解を書きましたが、リアルタイム配信がある事を否定しているわけではありません。本来の配信に影響があるならまだしも、そうではなく付加価値ですのでどんどんやると良いと思っています。

今やVODサービスはまさに戦国時代で差別化をしなくては生き残れません。その一つがリアルタイムなわけです。それだけで「よし!ここに入るか!」とは思いませんが、無いよりはあった方が良いのは確かでしょう。

今後さらにVODサービスは競争が激しくなってくると思います。そもそも同じドラマを配信しているわけですから、その中から強みをどう打ち出すかというのは大変な事だろうと思います。価格が最も分かり易いものではありますが、多くのVODサービスを経験したものとしては、安いから良いというわけではないと考えています。

自分が観たいものが沢山あって、使いやすく安定しているか?と言う事はとても重要です。

ここ最近はこのユーザーの使いやすさにやや逆行したアップデートを加えるところも出てきていますが、VODサービス側に考えてほしいのは派手なトップでも何でもなく、あくまでユーザー一個人が使いやすい形を追求してほしいという事です。

トップの見栄えやデザインなどはどうでも良いのです。唯一、継続して利用するものが使いやすいか?それがとにかく重要です。

是非、今あるサービスにはその点をさらに頑張ってほしいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ