今回はネタとして海外ドラマにはまっている人にありがちな「あるある」を思いつきで紹介したいと思います。

貴方はどれくらい当てはまるでしょうか?ややマニアックなものもちらほらと入れております。

海外ドラマにはまっている人あるある

  • 「Copy that」と聞いたり見たりするとジャック・バウアーの顔が真っ先に出てくる。
    ドラマ「24」で主役のジャックのセリフで一番多いのはこれでは?と個人的に思っているのがこれです。ドラマ開始当初は何と言っているのか分からず「カピザ」って何だろう?ってずっと思っていました。ちなみに「了解」という意味です。
  • BONES (ボーンズ) −骨は語る−を観ながらご飯を食べられるようになる
    視聴当初はあまりにグロテスクなシーンがリアル過ぎて目を覆う事が多かったのに、いつの間にか視聴しながら食事を普通に出来るようになっていたりします。
  • ドラマに出てくる俳優を観るとすぐに他のドラマでの役名を思い出す
    日本でもそうですが人気の俳優はいろいろなドラマに出ていたりします。課外では脇役だった方が主役になるなどの事もあり発見すると嬉しくなったりするものです。
  • 制作がBBCだとだいたいの雰囲気が予想できる
    これはまさに海外ドラマにはまっている人なら分かるものですね。BBCのドラマの脚本はストイックなものが多く、派手さはないもののジワジワくるドラマという印象があります。
  • 海外ドラマの女性俳優の妊娠シーンがあると本当に妊娠したのではとWikiを調べてしまう
    かなりマニアな話ですが、海外ドラマの場合、人気のドラマに出演している主要キャストの女性が実際に妊娠してしまう事も珍しくありません。そして多くのドラマでそのシチュエーションをストーリーに絡ませてしまうという凄さです。作られた構成と違い、実際に顔もふっくらしてくるのでリアリティがあります。
  • 初めてのドラマを視聴する前に打ち切りになっていないか調べてしまう
    海外ドラマでは珍しくないのが打ち切りです。日本の何倍もシビアなため、結構面白くても採算が合わないものはばんばん切り捨てられます。継続ストーリーのドラマで中途半端で終わるドラマに出くわすとショックで仕方ないものです。
  • リアルタイム配信のドラマのネタバレをTwitterで見かけるといらっとする
    Twitterのお蔭でいろいろな情報がすばやく入手できたりする反面、空気を読まずにリアルタイム配信されたばかりのドラマの重要な内容をツイートする人がいます。正直迷惑なのでやめてほしいですね。空気を読みましょう。多くの方の楽しみを貴方は奪っています。
  • 「フリンジ」の内容がいまだによくわからない
    ドラマ「フリンジ」は不可解な世界観ですが、最後まで観たけど実際何がどうなったか分からない方も多いはずです。そんな私もその一人ですが、「フリンジってどんなシナリオ?」っていう質問だけは遠慮してほしい所です^^;
  • ちょいエロドラマの最高峰は「ストライクバック」だと分かってる
    海外ドラマと言えば、日本のドラマではありえないちょいエロシーンを期待する方も多いのですが、その中でも「ストライクバック」は最高峰だと認識している場合にはなかなかのマニアです。私もいろいろな海外ドラマを観ましたが、このドラマは本当にまずいです。外でモバイルなんかで観たら大変なのでご注意を。ほぼ毎話その手のシーンがお約束のようにあります。
  • 泣ける海外ドラマと言えば「キャシーのbig C いま私にできること」を挙げたい!
    基本的にコメディタッチなドラマなのですが、テーマそのものは病気のためとあるシーンで号泣してしまう事間違いなしです。下品ながらもリアル感の漂う感動のドラマです。
  • 「アメリカン・ホラー・ストーリー」のシリーズの順番が分からない
    物凄く独特な世界観を持った「アメリカン・ホラー・ストーリー」ですが、シリーズタイトルがいろいろあって、どういう順番で放映されたのか分からなくなってしまいます。あ!マニアは分かってないといけませんね^^;
  • 「ホワイトカラー」の主役はモジーだ!
    「ホワイトカラー」に出てくる脇役と言えばモジーを思い出すわけですが、彼の存在感は主役を食ってしまう程大きいと感じています。そう思いませんか?是非、モジーでスピンアウトドラマを作ってほしいものです。
  • 「スキャンダル」の主役のオリヴィアの有能さが分からない
    ドラマ「スキャンダル」の主役は凄腕“フィクサー”オリヴィアなのですが、ドラマを観てもその凄腕さが全く理解できません。極めて問題のある性格ですし、ヒステリックに感情に動かされるなどおよそ凄腕とは遠い気がしてしまいました。というわけで途中でシーズン2まで観てやめてしまいました・・・。
  • 日本のドラマを観て「これあの海外ドラマの真似じゃない?」とすぐに気づく
    これもよくあるものですね。日本のドラマはシチュエーションを海外ドラマからそのまま真似して持ってくるものも数多くあります。そう考えると海外ドラマって本当によく考えているなと思うわけです。
  • 「ALPHAS/アルファズ」シーズン2ラストでのけぞった
    打ち切りドラマの中でもなかなかの中途半端ぶりで終わらせてくれたドラマがこちらの「ALPHAS/アルファズ」です。まさかここで終わりにするかというくらいとんでもない所で終わっていますので怖いもの見たさの方は是非シーズン1からシーズン2ラストまで観てほしいものです。苦情は一切受け付けません^^
  • 「ヒーローズ」って結局どんな話だったかよく思い出せない
    大人気ドラマの「ヒーローズ」ですが、よく考えるとどんな話だったかあまり思い出せないものです。冷静に考えると、特殊能力というシチュエーションがあるにしてはあまり「面白くな・・・」いや、これ以上はやめておきます。
  • 「glee/グリー」を観て一緒に歌ったり踊ったりした事がある
    「glee/グリー」では毎回様々な曲が流れるため、つい歌ってしまう事があります。私は特に前半のジャーニーあたりははまりまくりました。

思いつくままにいろいろと書いてきましたが、全くあるあるでもないような気もしてきました。まあ、そんな事は気にしない!というわけで、是非皆さんのあるあるもコメントにお書きください^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ