Hulu、Netflix、U-NEXT、dTVなどをはじめとする動画配信サービスをオリジナルキャラクターのボドが独自視点でご紹介。

動画配信サービスの注意点

VOD(動画配信)サービス利用上の注意点

質問ボド美話を聞いていると最近流行ってる動画配信サービスというのはとても良いところが多いように見えるのだけど、加入にあたっての注意点とかはないのかしら?物凄く安いところもあるし、今までの感覚で行くとその辺が不安になるの。

回答ボドもちろん、どんなサービスにもメリットがあればその逆もあるよ。「VODとレンタルビデオの違い」でもデメリットについては述べているけど、ここでは注意点に絞って紹介するね。ここで紹介する以外にもそれぞれのVOD会社でも優れている所と弱い所というのは結構はっきりしているしね。

 

ボド残念50思った以上のデータ量を使ってしまい困ることも

最近のスマホなどの契約はデータ量について月ごとに一定の上限があるものがほとんどです。その上限を超えた場合には追加料金を払うか、低速モードでその月は我慢するなど、いずれにしても契約者にとっては良い選択肢とは言えません。VODサービスは言うまでもなく動画をストリーミングで配信するものが基本ですので、回線状態が悪くなければ視聴については問題ありませんが、思った以上のデータ量を使ってしまう事もしばしばです。例えば、管理人がiPod touchでHulu配信中の海外ドラマのひとつ(42分程度)のものを観たところ、350MBくらいのデータ量でした。もちろん作品や状態によって変わりますが、これくらいのデータ量は消費されると考えると良いでしょう。また、タブレットなどより大きなものではデータも大きくなります。動画を観る事でその月に使用できるデータ量を使い切ってしまわないように注意してください。

ボドがっかり50観ているドラマが最後まで観られるとは限らない

VODのある意味もっとも弱い部分といえるのがこの部分です。海外ドラマは通常、日本のドラマよりも話数(エピソード)が多く、1シーズンで24話程度のものは珍しくありません。レンタルショップであれば、相当な不人気作品でもない限りは最後のシーズンまで置くことが多いわけですが、VODの場合には人気がなかったり、権利関係の問題で最後のシーズンまで配信しないことは珍しくありません。そういう意味では最初から全部揃っているドラマから優先的に観る方が無難ではあります。シーズンラストが中途半端に終わったとしても、その後のシーズンを配信しない可能性は常にあると考えてよいでしょう。個人的には最後のシーズンまでの配信保証というサービスを行うVODサービスが出てくれば、人気が出る事間違いなしだと思っています。

ボド残念50電池消耗が大きい

マルチデバイスのため外出時にも視聴する事は多くなりますが、動画再生ですので電池消耗が大きくなります。そのため元の電池容量の少ない機種の場合、頻繁に充電をしなくてはいけない時も出てくるかもしれません。電話は電話できる事が最重要の任務のため、面白いドラマだと言ってもそこまで電池を使い切らないよう注意が必要です。

ボド残念50PPVの場合、思った以上の出費になることもある

Huluのように完全定額の場合には気にする事もありませんが、最新作を配信している会社であればほぼ間違いなくPPV(ペイ・パー・ビュー)という個別課金という課金形態があります。計算せずに観たいものを観ていくといつの間にか1か月の料金がかなり高くなってしまう事もよくあります。特にVODの最新作はレンタルショップと比べて価格にほとんど違いがないこともあり、一作あたりの価格も高いものです。きちんと把握しながら利用しましょう。

ボド残念50途中で止まったり、再生不能になることがある

回線状態が悪くなったり混雑する時間になると、映像が乱れたり、再生が止まったりする事があります。ストリーミングでは避けては通れない状況のわけですが、これらの状態になる事は珍しくありません。慣れていれば気にならなくなりますが、そんな慣れている方であってもラストシーンの大事なシーンでバッファリング状態になって再生が止まってしまうと、せっかく盛り上がっていた気分が台無しになるという事も皆無ではありません。サービスによっては画質を落として観る事も可能なので、画質が下がっても止めたくない場合には最初から画質を下げておくという手もあります。なお、Huluで言えば中画質でもDVDより綺麗です。

ボド残念50検索性が良いようで悪い

全てではありませんが、デジタルでは強いはずの検索性がそれほど良くないサービスもあります。詳細な情報を入れての検索が苦手だったり、完全一致でないと検索結果に出さなかったりなど融通がきかないものもあります。そのため、各社ともに用意しているマイリスト(会社により名称は異なります)機能を利用して、観たいものはどんどんストックしておくことをお勧めします。

ボド残念50番組表はないのが普通

一部番組表のようなものがある会社もありますが(U-NEXT:334円(税抜)でプログラムガイドを月一回雑誌形式で発行)、一般的には今配信中の番組の一覧というものは作ってないところが多くあります。そのため、自分が観たい作品があるかどうかは公式サイトなりで検索して探すというのが基本になります。通常のテレビとは違い、決まった時間の決まったチャンネルで番組を楽しむというものではありませんのでなくて困ることはありませんが、あると便利だと思うのも確かです。

ボド残念50字幕と吹替が必ずしも揃っているわけではない

DVDレンタルなどの場合、そもそも字幕、吹替が同じディスクに収録されていますのでそのままの意識でいると動画配信サービスでも吹替があると考えてしまいがちですが、実際には字幕しか配信していないことも多くあります。管理人もレンタルDVDを利用していた時には完全に吹替派でしたが、VODサービスのこの現状を知ってからはほぼ100%字幕で観るようになりました。今では吹替があっても字幕で観る事がほとんどです。その理由はオリジナルの俳優の声で聴いた方がリアリティがあるためです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

管理人利用中VODサービス

利用中データ通信サービス

Twitter

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © ボドの動画サービス(VOD)比較 All Rights Reserved.