Hulu、Netflix、U-NEXT、dTVなどをはじめとする動画配信サービスをオリジナルキャラクターのボドが独自視点でご紹介。

モバイルアプリ比較

主要VOD会社のモバイルアプリ比較

質問ボド美多くのVODサービス会社でマルチデバイス対応を売りにしているけど、実際の使い勝手というのはほとんど同じなのかしら?それとも実際に使ってみると使いにくいなどという事もあるのかしら?

回答ボド再生だけをするならどのサービスのモバイルアプリでもそれほど気にする事はないけど、ちょっとした細かい機能を見ていくと使い勝手の良し悪しというのは当然あるんだ。ただ、モバイルアプリの良いところしては、アップデートで改善が可能だから、今の使い勝手がそのままという事もないんだよ。

 

ボド指一本50モバイルアプリのポイント

モバイルアプリを長く使っていくと以下のような機能があるととても使い勝手がよくなります。

  • 言語切り替えの有無
  • 数秒スキップ、数秒戻し機能
  • ユーザビリティの良さ
  • マイリストの使いやすさ

 

例えば英語と日本語の二つの言語で用意されている場合、会社によってそれらを視聴する時の方法が変わってきます。作品再生前に言語を選択して視聴するパターンと、作品再生中にいつでもシームレスに切り替えが可能なパターンです。当然ながら使い勝手が良いのは後者となります。

数秒スキップ、数秒戻し機能というのは海外ドラマなどに多い「前回の話」の振り返りシーンなどを飛ばしたり、あるいは飛ばし過ぎたものを少し戻したりするのに使います。この機能はモバイルではかなり有用で使う頻度も高いものとなります。

ユーザビリティはそのまま使い勝手です。アプリにしても使いにくいものはありますしなかなか自分の観たい作品にたどり着かない事もあります。どれだけ短時間で主要な機能にたどり着く事ができるか?という事が重要です。同様にブックマークであるマイリスト機能や視聴履歴へのアクセスのしやすさもとても重要です。

下記では2015年6月時点での各アプリの紹介をしています。アプリについては各社とも結構マメに改善しているため本ページを読まれる段階ではさらに使いやすくなっている可能性が極めて高いです。

ボド指一本50Huluモバイルアプリの紹介

*下記はiOSアプリの紹介です。iPod touch使用時。動画画面は著作権の関係でぼかしを入れています。

<Huluホーム画面>

最上部に検索窓、その下に直近で視聴していた作品の「視聴再開」がすぐに出来るように配慮されたボタンが表示されます。この点はとても便利なのですが、残念ながら視聴が途中のものだけでなく、視聴が終わったものでも関係なく直前のが表示されるためその点はちょっと不便だと言えます。視聴途中のものだけが出てきてくれればこの点については不満はありません。

ホームではお勧め作品が表示されます。最下部のメニューには「視聴中の動画」を右に用意しており、ここをクリックすると、視聴中のドラマなどの次の話(あるいは途中のものの「」視聴再開)から視聴が可能なため便利です。細かいメニュー項目やマイリストの確認は全て左にある「メニュー」から確認します。アプリの使いやすさはかなり良いものと言えます。

Huluホーム画面

<Hulu再生画面>

再生画面はシンプルで余計なものはほとんどありません。ただ、物凄く残念なのは「10秒戻し」はあるもののスキップ機能がなく、これはかなり強く改善してほしいところです。このスキップ機能がないために主題歌部分を飛ばしたい時などは再生バーを自分でスライドさせて微調整させなくてはならず、これがモバイルという小さい画面ではかなりやりにくいものとなっています。ある意味唯一の欠点がこの点だと思います。画質調整は自動で行われるため通常はあまり意識する事はありません。

Hulu再生画面

ボド指一本50U-NEXTモバイルアプリの紹介

*下記はiOSアプリの紹介です。iPod touch使用時。動画画面は著作権の関係でぼかしを入れています。

U-NEXTはそれまでの「U-NEXTプレイヤー」、「Twonky Beam」という二つのアプリの利用であったものを2015年10月のリニューアルで一つのアプリに統合しています。

<U-NEXTホーム画面>

U-NEXTのアプリは2015年10月のリニューアルと同時に一本化されました。それまで利用できた「Twonky Beam」はリニューアル後は使用できなくなりました。

最上部左の三本線からは設定、お気に入りなどのメニューへのアクセスが可能で表示される画像は一番上がトピックス的なもの、そして視聴履歴、お気に入りと続きます。その下にはリニューアルをしたU-NEXTが新たに設けた各種テーマに沿ったレコメンド作品の一覧がずらっと並びます。観るものを決めてないという方にはこれらの特集から選択というのも良いでしょう。

なお、お気に入りの中にポイントOK作品など課金対象のものがあっても、モバイルアプリでは課金のシステムがないようでここには「課金前のものは」表示されないようになっています。課金済みのものはメニュー内に「購入済み」が存在します。

U-NEXTホーム

<U-NEXT再生画面>

U-NEXTの再生プレイヤーはシンプルな作りで使いやすいものです。リニューアル後のアプリはそれまであった30秒スキップ機能などが省かれましたが2015年11月10のアプリバージョンアップで30秒スキップ機能が復活しました(下図は2015年11月10日バージョン)。

また、ジェスチャ操作機能がつき(Androidアプリでは2017年4月時点でなし)、30秒スキップや10秒戻しが左右のスワイプでも可能になり、2本指でのタップで一時停止、再生が可能になりました。多くの機能追加とバグ改善が行われました。ただし、まだ先日のリニューアルによる不具合で残っているものもいくつかあるため、引き続き改善を期待したいと思います。30秒スキップがついたのはとにかくありがたいの一言です。他社も是非これを真似てほしいものです。連続でドラマを視聴する場合、主題歌部分などは飛ばしている人が多いはずです。そういうVODならではのユーザーの使い方を認識したアプリに改善するべきでしょう。

U-NEXT再生画面

 

U-NEXT再生画面2

ボド指一本50dTVモバイルアプリの紹介

*下記はiOSアプリの紹介です。iPod touchは非対応のためiPad mini Retina使用時。動画画面は著作権の関係でぼかしを入れています。dTVのアプリの画像は2015年9月時点でのものであり、現在は加入していないため最新版と異なる場合があります。

<dTVホーム画面>

dTVアプリのホーム画面は上部にチャンネルを変えるようなイメージで用意されたカテゴリが表示されています。初期状態では「あなたにオススメ」のカテゴリが表示されており、最近視聴した作品をはじめお勧めのものがミュージッククリップなども含め縦にスクロールする事で確認可能です。但し、お勧めされるものも多くはないため管理人はこれをチェックする事はほぼなく、他のサービスで言うところのマイリストにあたる「クリップ」をよく利用します。どのサービスにも言えますが、VODサービスの場合にはマイリスト等に自分が気になる作品をどんどん入れておき、そのリストを活用するのが最も使いやすいと考えます。

左下からメニューへアクセスでき、ダウンロードした作品などもこちらで選択が可能です。

dTVホーム画面

<dTV再生画面>

dTVの再々画面もシンプルであり再生中に画面を触ると以下のようなボタンが表示されます(再生は継続)。画面中央に10秒戻しと一時停止と10秒スキップが用意され、画面の左と右には前の話、次の話へと移動するボタンも表示されます。ただ個人的にはこの左右のボタンを使う事はほとんどありません。連続で視聴したい時くらいかと思いますが、視聴終了時にあれば良いボタンであるとも言えます。

そして、このdTVアプリが他のサービスに勝っている点が画面右上のボタンで再生中に字幕と吹替をシームレスに変更可能です(ダウンロード作品は不可)。他のサービスでは再生開始時にいずれかを選択する事がほとんどですが、dTVプレイヤーはこの点一歩リードしていると言えます。

dTV再生画面

ボド指一本50モバイルアプリは進化する

主要VODサービスのモバイルアプリをご紹介しましたが、いずれのアプリもユーザーの声を聞いて改善しているため今は使い勝手が悪くてもそれがいつまでも続くわけでもありません。

実際に細かい改善であれば短い間隔で行っているものもあります。とはいえ、使い勝手に大きな不満がある場合には、その改善には多少の時間を要すると思います。実際にはどんなものでも使い慣れてくれば自分なりの使い方というものが出来てきますのでそれほど心配する事もないでしょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

管理人利用中VODサービス

利用中データ通信サービス

Twitter

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © ボドの動画サービス(VOD)比較 All Rights Reserved.