各VODサービスともモバイルアプリの改善には余念がありませんが、今回はU-NEXTの現在の画質設定についてご紹介したいと思います。

モバイルユーザーの気持ちを考えた分かりやすい画質設定

U-NEXTアプリの画質設定はメニュー内の「設定・サポート」-「画質設定」から選択可能です。設定できるものは以下の3つの画質設定です。

  • 通常再生(モバイル回線時)
  • 通常再生(Wi-Fi回線時)
  • ダウンロード

この中の上の二つ(通常再生)については設定できる内容はそれぞれ同じ以下の通りです。

U-NEXTの画質設定

みてわかるように、自動、最低画質、低画質、高画質の4種類から選択可能で、それぞれに目安のデータ量が書いているのも分かりやすいと言えます。最低画質では1GBあたり約12時間(実際に試したらもう少し短かったですが、かなりデータ消費が少ないのは確かです)とコスパがとても良くできています。

スマホなどではデータの消費量は極めて重要なため、この選択肢の豊富さは有難い所です。

ちなみに5.2インチ画面のスマホで最低画質で再生してみましたが「最低」からイメージする画質よりも綺麗であり、これってそこそこ標準では?と思えました。少なくとも汚すぎてその辺が気になるという事はありません。そのため、私はモバイル回線時もWi-Fi時も最低画質に設定しています。家での視聴時はPC経由なのでモバイル端末時は最低画質で十分という判断です。

ダウンロードの設定は2種類

先ほどは通常再生時の画質設定を紹介しましたが、ダウンロードは2種類から選択となります。標準と高画質となりますが標準では1GBあたり約2時間、高画質では1GBあたり0.5時間となっています。

データ量を見ても分かるように自宅等のWi-Fi環境でのダウンロードを想定しているため結構大き目です。こちらについては端末の保存場所さえ確保できれば良いでしょう。

私はだいたいいつも海外ドラマの3エピソードをDLしておいてみています。

ちなみにアプリのレビューを読むと「一部の作品しかダウンロード出来ないのは見直してほしい」というのがありますが、あれを読むと勘違いする方が出てしまいますよね。

ダウンロードできないのは権利関係などが絡む事もあるわけで、他のVODサービスでダウンロード可能な所も全作品が出来るわけではありません。

話を戻しますが、再生時の画質設定がかなり細かくなった事で極めて小さいデータ消費で外出時もU-NEXTを楽しめるようになっています。

このサイズならダウンロードをし忘れても外出時に普通に視聴しても良いかなと思っています。是非モバイルでの動画視聴を楽しんでください!

ブログランキング・にほんブログ村へ