ウェントワース女子刑務所

<ストーリー>

ウェントワース女子刑務所での出来事を描いたドラマ。派閥争いやいじめ、ドラッグ、事件、様々に交錯する人間模様を赤裸々に描いているドラマ。

<作品イメージ>

シリアスサスペンス

<管理人による評価>

★5

<主要キャスト>

  • ビー·スミス:ダニエル・コーマック
  • フランキー·ドイル:ニコール・ダ・シルバ
  • ジャックス・ホルト:クリス・マクウェイド
  • エリカ・ダビッドソン:リーアナ・ウォルスマン
  • ヴェラ・ベネット:ケイト・アトキンソン

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

Huluプレミア作品として視聴。私が視聴した時にはHuluのみで視聴可能でした。

夫の殺人未遂容疑で捕まりウェントワース女子刑務所へと収監されたビー・スミスを中心に描いていますが、登場人物が結構多いにも関わらずそれぞれのキャラ設定がとてもよく出来ています。

リーダー肌の人間、素直に従うだけの人間、標的にされる人間、それに加え看守たちも一癖ありという事でドラマを面白くしています。

個人的にはいじめの要素がある作品はあまり好きではありません。理由はわざわざ気分が悪くなるようなドラマを時間を使って観る事もない・・・と思っているためです。

しかし、このドラマは何となく気になったので見てみました。

かなりドロドロした人間関係がありますし、派閥争いもそれはもうひどいもので、特にジャックスなどはひどく腹の立つリーダー格の囚人なのですが、ストーリー展開がなかなかに面白いのです。

現在シーズン2の配信が始まったばかりの時点でこのレビューを書いていますが、シーズン1の最後からシーズン2にかけて一気に面白くなってきます。まさに目が離せず、この後どうなるのか?といった感じです。

現時点では★5レベルの面白さなのですが、とりあえずいじめやきわどいシーンもあるので万人受けでもないので★4にしました。

まだまだ明るい気分で観られるドラマではなく、緊迫したシーンがメインです。女子刑務所って実際のところこういうところなのだろうか?とか思いつつ、リアリティもあるため、つい入り込んでしまう事間違いないでしょう。

楽しいドラマ好きにはお勧めしませんが、最後にはどーんとやってくれるはずのドラマだと思うので、そこまで楽しみたいと思います。

元々オーストラリア歴代ナンバー1のドラマのリメイクと言う事なので面白いのは間違いないでしょう。

<2016年5月5日更新>

シーズン3の開始とともにさらに面白くなってきたため、★4から★5へとランクアップさせました。かなり面白いです!

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ