このページでは私の観た打ち切りドラマの一部を紹介いたします。自分が観ていたドラマが打ち切りだと分かった時はショックが大きいものです。観るか観ないかはこのページを読んでから決めても良いでしょう。なお、ここで言う打ち切りとはいわゆる終わらざるを得ないものをさし、ある程度の人気を博してきちんと終わったものは含んでおりません。どんなドラマも最後はあるわけですので。作品追加は上からしていきます。

*打ち切りとなったものでもそこそこ許容できる終わり方のものはここでは紹介していません。

ジュラシック・ニューワールド

シーズン1の全13話にて打ち切り。「プライミーバル」のスピンオフ作品。現代に恐竜が時空を超えてやってくるというストーリーですが、ドラマそのものは結構面白いもののあえなく打ち切りです。製作費が高いらしいドラマなので、かなりの視聴数を稼がないといけなかったのかなと勝手に想像しています。シーズンが続けばオリジナルのキャストとともに深い展開があるのかなと思ったのでちょっと残念です。なお、ラストはとんでもない所で終わっておりクリフハンガーの見本のような状態です。消化不良感はかなり大きいでしょう。とはいえ、1話完結タイプのため最終話を気にしなければそれなりに楽しめると思います。とりあえず最終回の後どうなったか教えて下さい!と地球の中心で叫びたい気分です。

STALKER : ストーカー犯罪特捜班

シーズン1の全20話にて打ち切り。マギー・Qとディラン・マクダーモット主演と言う事でキャストもかなり力を入れている作品です。ストーカー事件を専門に扱う特捜班TAUの活躍を描いたものです。シーズン1で打ち切りにはなりましたが、最終話である20話の段階ではおそらく打ち切りが決まっていなかったようで、そこそこのクリフハンガーを残して終了。実際のところかなり先が気になります。さて、ドラマの面白さで言えば、結構面白い作品です。このレベルで打ち切りだともうどうすればいいの?ってくらいのレベルには仕上がっています。1話目からがっつり鷲掴みする作りでしたし勿体ない所です。なお、後半は一部続きものになっていますが、基本は1話完結型のため観ても損はありません。続きを観たかったものです。残念。余談ですが、主演の二人はこれをきっかけに2015年1月20日に婚約を発表しています(その後の結婚情報は2017年12月時点ではなし)。

ブレイクアウト・キング

シーズン2にて打ち切り。「プリズン・ブレイク」のスタッフが放つ正統派スピンオフと言う鳴り物入りで開始された捜査もの。様々な罪を犯した囚人が刑期短縮と引き換えに連邦保安局とタッグを組み脱獄犯を捕まえるというもの。1話完結型のためドラマを観る分にはそれほど支障はないもののシーズン2のラストはなかなかのクリフハンガーを残して終了。この作りを観てもこの段階では打ち切りが決まっていなかった事が良く分かります。気になる終わり方ではあるものの、最終回のそのシーンのその後は視聴者の想像で穴埋めするという強引な技を使えば、それ以外の点は許容できる展開で終わっているかなとは思います。内容としては結構面白い(しかし中毒性はなし)ので打ち切りになったとは言え、観ても損はないかなというドラマです。個人的には結構好きですね。

APB ハイテク捜査網

シーズン1にて打ち切り。超豪華なハイテク機器を使った犯罪捜査ものです。残念ながらやや軽めのクリフハンガー状態にて最終話を迎えています。ただ、以下の「ALPHAS/アルファズ」のようについ叫んでしまうような終わり方で終わっているわけではないため、「残りは自分で想像するか」と納得できると言えば納得できます。ストーリーはほぼ1話完結型のため単話で楽しむ事も可能です。あまりこの手の刑事ものはないため、物珍しさで観てみるのは問題ないと思います。そこそこ面白いとは思います。

クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル

シーズン1にて打ち切り。クリミナル・マインドのスピンオフと言う事で面白い”はず”でしたが、キャラ設定の悪さなどもあり、面白みに欠けます。13話で打ち切りとなりますが、とんでもないクリフハンガーで終わるため、視聴については完全非推奨です。ただ、それまでの話はクリミナル・マインド同様に1話完結タイプですので観ても問題はありません。13話目のラストシーンまで観るとおそらく悶絶するでしょう。後述の「ALPHAS/アルファズ」と同程度に最悪の終わり方をしています。

【レビュー】 クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル

CRISIS ~完全犯罪のシナリオ

シーズン1にて打ち切り。大がかりな名士の大量誘拐事件で第一話目を観ると、このドラマが打ち切りになる理由が分からないくらいかなり完成度の高いものです。しかし、視聴率低下により打ち切り決定。とりあえずの終わりはあるものの、後半から「どう考えても今までのこの人の考え方からこうなるのはおかしい」という状況が連発します。ラストもここまで強引なのも珍しいというくらいの力技の最終回にしています。

【レビュー】CRISIS ~完全犯罪のシナリオ

HOSTAGES ホステージ

シーズン1で打ち切り。個人的には打ち切りになるとは思わなかったドラマでサスペンスとして良くできていると思います。大統領の命か家族の命かの選択を迫られているある家族と犯人のせめぎ合いはなかなか面白いものです。設定に無理があると考える方もいるでしょうが、ドラマは元々設定に無理があるものなので、私の中では許容範囲です。打ち切りがはやめに決まっていたためか、打ち切り作品としては問題のないエンディングを迎えていると思います。そのため観ても問題なし。

【レビュー】HOSTAGES ホステージ

SMASH/スマッシュ

シーズン2で打ち切り。ミュージカルドラマ。ブロードウェイを舞台としたマリリン・モンローマリリン・モンローを扱ったミュージカル「ボムシェル」製作における人間模様を描いたミュージカルドラマです。「グリー」のような青春系ではなく、どちらかと言えば役の奪い合いなどもあります。シーズン2で視聴率が落ちたために打ち切りとなりましたが、ドラマはきちんとしたエンディングのため視聴に問題はなし。音楽が好きな方なら結構、歌に感動できるので私は好きなドラマです。海外は厳しいですね。日本なら絶対に打ち切りにならないと思います。

【レビュー】SMASH/スマッシュ

ゾンビ・アット・ホーム

シーズン2で打ち切り。ゾンビをテーマとしたドラマなのですが、今までのゾンビドラマとは違い、一般社会に復活して更生したゾンビが共に暮らすという物語。様々な迫害を受けながらも自分達の生きる道を探していきます。中だるみは否定できませんが、視点が面白いドラマだったので続けて観たかったのはあります。かなり中途半端な所で終わってしまうので、観ない事を推奨しますが、この新しい視点が気になる方は観ても良いでしょう。とはいえ、最終回でがっかりする事間違いなし。

【レビュー】ゾンビ・アット・ホーム

ALPHAS/アルファズ

シーズン2で打ち切り。特殊能力をもった人々がその能力を活かして様々な事件を解決するドラマ。個人的にはシーズン2からかなり面白くなってきて、この先が観たい!と思ったところで終了。シーズン中に打ち切りが決まってなかったようで、極めて許せない所で終了しています。この気持ちの持っていく場所は?と聞きたくなるくらいひどい所で終わっています。とはいえ、1話完結型の話も多く、途中まで観ても問題はありません。シーズン2ラストまで観ると、なぜここで終わる?と言いたくなる事間違いなしです。

【レビュー】ALPHAS/アルファズ

アンダー・ザ・ドーム

シーズン3で打ち切り。HuluのCMでかなり大々的に宣伝していたドラマですが、シーズン3で打ち切りとなりました。「LOST」のような謎が謎を呼ぶ視聴者もよく分からないまま進むタイプのドラマなのですが、そんなドラマが途中で終わっていますので、何の解決もないといった感じです。そのため今から観るのは絶対に非推奨ドラマです。内容としてはシーズン2くらいまでもたもた感がかなり出ており、シーズン3からようやく面白くなってきたのですが、その頃には視聴者も離れていたようです。スティーブン・キングの小説を原作と言う事で鳴り物入りでしたが、全体としてよく分からないドラマに終始したというのが正直な所。外界から隔離された世界が生じるという設定は物凄く面白かっただけに残念。

【レビュー】アンダー・ザ・ドーム

ザ・ブック/CIA大統領特別情報官

シーズン1で打ち切り。CIAの中で大統領向けの情報を集める人のドラマ。このドラマについては打ち切りやむなしと思いました。それもそのはずとにかくストーリーがだらだらしていて面白くないのです。シーズン1後半から一気に面白くなってくるのですが、その頃になるともう情報官じゃないでしょ?という状況になっています。かなり中途半端な終わり方なので視聴は非推奨です。

PAN AM/パンナム

シーズン1で打ち切り。1963年のエアラインPAN AM(パンナム)を舞台にしたドラマです。当時の時代背景なども面白かったですし、途中の話では名作と言えるエピソードもあるなどなかなか楽しませてくれましたが、ちょっとこの時代の話はそんなにニーズがないかもとは感じていました。最後はきちんと終わっていますので消化不良はありません。スチュワーデスが政治、スパイ、恋といろいろ話題を振りまきます。

シークレット・サークル

シーズン1で打ち切り。6人の魔法使いがサークルを作り、魔女を殺そうとする組織と戦います。魔法という設定はもう結構出ていますが、シナリオはそこそこ新鮮な部分もあります。ただ中だるみがあったのは否めないのと、サークルに入ると魔法使いの魔力に制限がかかるという設定がいまだに良く分かりません。その設定いるのだろうか?と。なお、話はそこそこ面白いので観ても問題ないのですが、いかんせん、無理やりなエンディングである事は間違いないので、後悔する可能性は高いドラマです。

【レビュー】シークレット・サークル

FLASHFORWARD

シーズン1で打ち切り。設定はかなり面白く期待できるドラマです。設定が「2分17秒という時間、全世界の人が同時刻に意識不明に陥ります。」というものなので、いろいろと想像できて面白いわけですが、いかんせん継続ストーリーのため物凄く謎を残したまま終わっています。そのため視聴は完全非推奨。特に22話もあるので、そこまで観た後に打ち切りを知るとショックで寝込みたくなるはずです。面白かったのですが、視聴率は振るわなかったようで・・・。

TAXI ブルックリン

シーズン1で打ち切り。大ヒットしたアクション・コメディ映画TAXiシリーズがテレビドラマ化したものですが、残念ながらシーズン1の12話で打ち切り。ひょんな事から自分の車を取り上げられた女性刑事とタクシー運転手が奇妙なコンビを組むのですが、継続に値する面白いドラマというのが私の正直な気持ちです。最終話制作の直前に打ち切りを聞いたのか?というくらい最終回はやけくそな展開になっています(実はそれはそれで結構面白くて先が観たい!)。基本は1話完結タイプなので最終回を除けば結構お勧めできるドラマです。

【レビュー】TAXI ブルックリン

V(ビジター)

シーズン2で打ち切り。本来はシーズン2は13話の予定でしたが視聴率の低下により10話に短縮されました。世界の29都市の上空に突如現れた巨大な宇宙船。地球外生命「ビジター」の女性リーダーであるアナは平和交流を提案するが、その裏にあるのは・・・。シーズン1の第一話を観ると分かりますが、かなり面白いドラマだと感じるはずです。また配役も良く結構入り込めるドラマですので、個人的にはここまで面白くても視聴率が下がって打ち切りになる海外ドラマの世界は極めて厳しいと思うばかりです。なお、打ち切りではあるものの許容範囲の終わり方をしていますので視聴してもそれほどの問題はありません。きっとこのドラマを面白いと感じるはずです。個人的に続けてほしかったドラマの一つ。

【レビュー】V(ビジター)

ゲーム・オブ・サイレンス

シーズン1の10話で打ち切り。少年院時代に受けた虐待に対し、復讐をするというストーリーなのですが個人的には最初の方で面白そうとは思ったものの、あまり入り込めず、中だるみの多さもあって楽しめないドラマでした。しかも、急に打ち切りが決まったのか、駆け足で後半は進み、シーズン1のラストはとんでもないバッドエンドで終了。こんな終わり方で終わるなんて・・・。他に面白いドラマがあるので、わざわざこの作品を観る事はないかなというのが正直な感想です。

セカンド・チャンス

シーズン1の11話で打ち切り。75歳の保安官が強盗により命を奪われる。富豪のハイテク企業家である双子の姉弟の手により若い姿で蘇り息子のFBI捜査官と事件を解決するストーリー。話そのものはつまらない事はないのですが、最終回は突然話が進みまくります。謎がどうこう以前に確実にドラマを終わらせるための流れという感じになります。そう言う意味ではわざわざ視聴する必要はないと思います。強引に終わらせる手本のようなドラマです。

【レビュー】セカンド・チャンス

ブログランキング・にほんブログ村へ