うしおととら

<ストーリー>

中学生の少年・蒼月潮はある日自宅の蔵の地下室で大妖怪を解き放ってしまう。潮と獣の槍によって封じられていた妖怪「とら」は母の謎を知るための旅に出るのであった。

<作品イメージ>

アニメコメディ泣ける

<管理人による評価>

★5

<主要キャスト>

  • 蒼月潮:畠中祐
  • とら:小山力也
  • 中村麻子:小松未可子
  • 井上真由子:安野希世乃

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

当サイト管理人イチオシのコミックのアニメ化作品です。

私は漫画をほとんど読まないのですが(週刊誌は数十年まともに読んでません)、そんな私が大人買いした漫画がこの「うしおととら」です。

蒼月潮が母親の謎を知るべく大妖怪のとらと旅に出るのですが、そこで出会う人々、妖怪、そして敵となる妖怪、それぞれがとてもよく描かれています。

この漫画の良い所は何と言っても「泣ける」所です。普段はコメディ要素満載なのですが、泣かせどころの掴みがとにかくうまい!漫画で何回号泣したか分かりません。

いわゆる脇役で出てくるキャラクター(人間も妖怪も)も活躍する点にも注目です。1話で終わらずにその後、いろいろな関わりを見せてくれます。

アニメ化にあたりどう表現してくるか?というのはありましたが、見事に漫画とほぼそのままでしたので、アニメを毎回観るたびに感動しています。

私は漫画を読んでいますので最後にどうなるかが分かっているのですが、単行本で33冊もある大作なので、テレビでどこまでをやってくれるのかとても気になるところではありますが、一部登場キャラが既に端折られているようですので、もしかしたら最後までやってくれるかも?と期待しております。

このアニメを観て泣いた方は是非コミックも全巻大人買いして欲しいくらいです。

妖怪ものでこんなに泣けるとは思いもよりませんでした。それくらい泣けます!泣きたい方に特にお勧めできるアニメ作品です。

ちなみに管理人の中でのナンバー1泣ける漫画はえんどコイチさんの「死神くん」ですね。あれは反則レベルです。

いや~、本当に良い漫画です。最高!

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ