トゥルーブラッド

<ストーリー>

人工血液「トゥルーブラッド」により人間と共生できるようになったヴァンパイアが市民権を得て社会に溶け込むようになった近未来の話。ヴァンパイアと恋に落ちるスーキー・スタックハウスのいる架空の町ポン・タンを舞台にした出来事を描いている。

<作品イメージ>

シリアス超能力ちょいエロ恋愛

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • スーキー・スタックハウス:アンナ・パキン
  • ビル・コンプトン:スティーヴン・モイヤー
  • サム・マーロッテ:サム・トラメル
  • タラ・ソーントン:ルティナ・ウェスリー
  • ジェイソン・スタックハウス:ライアン・クワンテン
  • エリック・ノースマン:アレクサンダー・スカルスガルド
  • ジェシカ・ハンビー:デボラ・アン・ウォール

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

シーズン7(ファイナル)まで観てのレビューです。

ヴァンパイアを主題としたドラマは日本に比べて多いのが海外ドラマの特長ではありますが、このドラマは「トゥルーブラッド」という人口血液(日本人が開発!)を飲む事によって人を襲わずに済むようになったヴァンパイアと人間が一つの社会を作っている近未来を想定したドラマとなっているので、少し他のものとは異なる印象を受けます。

まず視聴前の方に書いておくと、これは結構「ちょいエロ度が高い」ドラマです。いやある意味本来のアダルト作品よりもエロいシーンもあるので注意が必要です。間違えてもお子さんと一緒にわいわいしながら楽しむドラマではない事は確かです。

当然ながら血はやたらと出てきますし、エロイシーンも結構多く(特に前半の方のシーズン)、アクション要素やファンタジー要素などが盛りだくさんである事を踏まえても大人向けのドラマだと言えるでしょう。

ドラマそのものは最終的にはヴァンパイアと人間だけの話ではなくなるのですが(詳細はネタバレになるので省略)、シーズンが進むにつれてストーリーは結構複雑になりますので観るならば最後まで観るのが良いと思います。特に最終回は「ああああああ」とつい口走ってしまうかもしれません。

私個人としては面白いドラマだと思っていますし、面白いのでシーズン7ラストまで観たのですが、ドラマ全体に暗い雰囲気が漂っている事もあり、やや陰鬱な世界観のドラマが好きな方向けであるとは思います。シナリオそのものはよくできていますので面白いのは間違いないでしょう。

だいたいどのヴァンパイアドラマもヴァンパイアのルールというものがあり、このドラマもヴァンパイアになるための諸条件がいくつかあります。この点はいい加減に観ていると分からなくなるので、結構真面目に観ておいた方が良いでしょう。いろいろな所でそのルールが伏線として使われますので知らないと良く分からなくなってしまいます。

いろいろと書いてきましたが当然エロイだけではありません。それぞれのキャラクターの性格を知っていくと、切なくなるシーンなども満載です。なんというかつい感情移入してしまう事もあるでしょう。

合うか合わないかは最初の数話で分かると思いますので気になる方は観てみると良いでしょう。少なくともモバイル機器で外で観る事は慎んでください。相当まずいシーンが待っています。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ