THE KILLING 〜闇に眠る美少女

<ストーリー>

デンマークのドラマ「THE KILLING/ザ・キリング」の米版リメイク。ワシントン州シアトルで殺人事件を捜査する男女の刑事のストーリー。1話を1日で描いている。

<作品イメージ>

刑事ものシリアスサスペンス

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • サラ・リンデン:ミレイユ・イーノス
  • スティーブン・ホールダー:ジョエル・キナマン

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

このドラマの何が面白いか?と言えば、二度も打ち切りが発表されたにも関わらず、それが撤回されてシーズン4(シーズン4はNetflixが単独で制作発表でファイナルの予定^^)まで進んでいるという点。この先はまだ分かりませんが、なんだかんだで続くのかもしれませんね。

刑事ものとしてはストイックなドラマで、ドラマ全体の雰囲気は暗く、殺人事件というテーマをそのままカラーにしたような雰囲気が続きます。

1話を1日で進行させるというドラマですが、24のような時間が完全にリンクしているような編集ではないため、私自身は、この設定(1日1話)を感じた事はありません。そのため、この点はそんなに売りにはならないかなと思っています。正直、1日分でなくても通じてしまうのではというくらいに実感なしです。

この設定もあり、扱う事件数は少なく、ほぼ一つの事件を追い続ける(シーズンによっては変わります)ものです。謎を少しずつ解明していき犯人を突き止めていくというものです。

面白いかどうかで言えば、シーズン3まで観た私としてはシーズン1が一番面白かったと思います。それがどう終わるかは観てのお楽しみですが、地味なドラマながらジワジワと面白くなってくるタイプです。

最後の方に多くの真実が解明されてきて、面白くなってきます。しかし、実は・・・(ネタバレなので自粛)。

どのエピソードにも分かり易い面白さを求める人ですと、このドラマは多分合いません。退屈で中だるみするシーンも多くありますし、2人の主人公を除けばそれほどキャラが立っている人もいませんので(主人公も物凄く強いわけではないので、まさに地味)、例えば「クローザー」などのようなものを期待すると全然ダメでしょう。

ただ、犯人が分かるところまで観ると、満足感があるドラマである事は確かです。本来の刑事ものというのは、これくらい地味な捜査の上に成り立つものかもしれませんね。

派手なカーアクションもなく、犯人とのドンパチもなく、地味に聞きこみをして犯人に少しずつ近づいていく。そういう泥臭い刑事ドラマです。

とりあえずシーズン4がVODサービスで配信されたら観てしまうと思います。何か観ずにいられないという変なドラマです。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ