プリズン・ブレイク

<ストーリー>

副大統領の弟を殺した容疑で逮捕され死刑判決を受けた兄であるリンカーン・バローズを救うために弟のマイケル・スコフィールドは天才的な頭脳を使い緻密な計画を立てる。自分も犯罪を起こし、兄のいる刑務所へ入り兄と共に脱獄するための作戦を実行に移す。

<作品イメージ>

シリアス

<管理人による評価>

★5

<主要キャスト>

  • マイケル・スコフィールド:ウェントワース・ミラー
  • リンカーン・バローズ:ドミニク・パーセル
  • サラ・タンクレディ:サラ・ウェイン・キャリーズ
  • フェルナンド・スクレ:アマウリー・ノラスコ
  • セオドア・バッグウェル:ロバート・ネッパー
  • ブラッド・ベリック:ウェイド・ウィリアムズ
  • アレクサンダー・マホーン:ウィリアム・フィクナー
  • チャールズ・パトシック:サイラス・ウィアー・ミッチェル

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

主要キャスト枠に誰を入れるかで悩むくらい癖のある登場人物が多いドラマです。

最高傑作と言っても過言ではないレベルの緻密なストーリーはもはやドラマの域を超えてそこらへんの映画も蹴散らすくらいに素晴らしい完成度と言えます。

脱獄というテーマはあまり多いものではないため、よくある刑事ものに比べると新鮮な目でドラマを楽しめるというのもあります。

マイケルは自分の身体に入れ墨を入れるわけですが、その刺青に様々な脱獄までのヒント(設計)が隠されています。どのようなものが出てくるか、そしてどういう計画なのか?というのはとにかく緊迫感が半端ないものです。手に汗を握るドラマというのを身体で実際に感じる事が出来るドラマと言えば、このドラマだと断言できるくらい緊張感があります。

兄だけを救う予定がいつの間にか多くの人間が絡む脱獄計画に発展してしまいます。人数が多くなればそれだけリスクも大きくなるわけですが、騙し合いもこのドラマの楽しみの一つです。

シーズン4で完結しますが、実際には「ファイナル・ブレイク」という本当のファイナルが存在します。そのため、このドラマを観る場合には最低でもこの「ファイナル・ブレイク」までは観る事をお勧めします。VODサービスではいずれも揃ってるところもありますので、その点を確認すると良いでしょう。

物凄く地味に脱獄計画が進んでいきますので、派手なシーンがアクション映画ほどは多くないのですが、「次の話が気になる」ドラマとして最高の展開を見せてくれるでしょう。

観ないと損!と言えるくらい良くできたドラマだと思います。日本でこのレベルのものが作られる事はまずないでしょうが、海外ドラマの底力を感じさせる良質なドラマです。

シーズンごとにそれぞれ目的はあるのですが、ここでそれを書いてしまいますとネタバレにならざるを得ないため、やや曖昧ですがここまでをレビューとさせて頂きます。

とにかく観てほしい。その一言につきます。観る場合には1話完結タイプではありませんので最後まで観る覚悟で視聴して下さい。最初はちょっと難しいと思うかもしれませんが、3~4話くらいで急にはまってきます。

NEW!2017.3

2017年4月からなんとシーズン5が配信開始!まだドラマは終わっていなかった!

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ