プリーチャー

<ストーリー>

町の牧師であるジェシー・カーターは神への信仰心を失いつつあったが、そんなある日、何者かに憑依され特殊な能力を持つ事になる。吸血鬼のキャシディと悪の道に引っ張り込もうとする元恋人のチューリップと織りなすストーリー。

<作品イメージ>

超能力コメディアクション

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • ジェシー・カスター:ドミニク・クーパー
  • キャシディ:ジョセフ・ギルガン
  • チューリップ:ルース・ネッガ

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

シーズン1を視聴しての感想です。

まず★4にしていますが、視聴者によって相当評価が変わるドラマだと思います。癖がかなり強いドラマです。

DCコミックのドラマ化と言う事ですが、正直、ストーリーはもう何が何だかさっぱり分からないなというのが率直な感想です。

牧師に特殊な力がひょんな事でついてしまうわけですが、シーズン1ではまだ使いこなす段階ではないので導入シーズンと捉えると良いと思います。

このドラマは独特な世界観(かなり独特です)を持っており、それに慣れるかどうかでこのドラマを面白いと思えるかは人によって変わってくるだろうなというのが実感としてあります。

私自身は結構吹き出してしまうような所もありますし、登場人物のユージーンがなんか愛らしいなとか思いつつ観ていますので嫌いではないのですが、掴みどころが今のところはないと思っています。

とりあえずシーズン2も製作が決まっているとのことなので安心はしました。ちなみにシーズン1で止めても許せない事はない終わり方はしています(全く終わってはいませんが、許せはします)。

まあ、ここまで増えている海外ドラマの中ではオリジナリティという面でいえば間違いなくあります。どのドラマにも似ておらず、完全なる世界観を持っているのは確かです。

ただ、それが好まれるかは微妙だと思っています。話の展開も支離滅裂な所もありますし、今のは何だったんだろう?という事もありますしね。

ただ、私個人の感想としてはシーズンが進んでいくと結構化けるかもとは思っています。

とはいえ、やはりこういうものは結構博打のような感じもしないでもないので、打ち切りがいつ来ても納得は出来るかなとも思っています。

はまるのか?と言われればはまりはしません。次の話が凄く観たい!という感情は全く出なかったのは確かです。なぜでないか?と言えば、前述の通り、話が分かったような分からないような、そんなストーリーだからです。この気持ちは視聴すれば分かるでしょう。

そういう不思議な感覚を感じたい方はこのドラマにトライしてみても良いと思います。王道の分かり易いドラマが好みなら勧めません。他のドラマを観ましょう^^

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ