パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット

<ストーリー>

製作総指揮はJ・J・エイブラムス、ジョナサン・ノーラン。元グリーン・ベレーでCIAの元工作員であるジョン・リースと億万長者でコンピュータの天才のハロルド・フィンチが特別なコンピュータシステムを使って将来のテロ攻撃を予測し、未然に防ぐために隠密で行動する。

<作品イメージ>

スパイアクション刑事もの

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • ジョン・リース:ジム・カヴィーゼル
  • ハロルド・フィンチ:マイケル・エマーソン
  • ジョス・カーター:タラジ・P・ヘンソン
  • ライオネル・ファスコ:ケヴィン・チャップマン

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

捜査ものとしては異色なものです(とはいえ、主役は刑事ではありません)。とにかく戦闘経験豊富で強すぎるジョン(見ると感動するくらい強いです)と億万長者のハロルドが、マシンがはじき出す未来の犯罪を未然に防ぐために影でこっそりと被害者になるであろう人を守るわけですが、億万長者らしい何でもありの戦略で助けていきます。

毎回様々な方がマシンによりはじき出されるわけですが、マシンは人をはじき出すものの「なぜ選ばれたか」までは出してくれません。そのため、その人について調べる所からはじまるというわけです。よく考えるとこの点はある意味不思議な気がしないでもないですね^^。

ストーリーは★4を付けていますが、極めて★5に近い★4と考えて頂ければと思います。ストーリーが進んでからの方が面白いので、あくまで前半部分での評価と言えるでしょうか。

ジョンとハロルドに協力してくれる警察もなかなか癖があって良い味を出しています。基本は主要キャストにあげた4人が主要メンバーのドラマだと思います。

アクション要素あり、スパイ要素ありのカッコイイドラマの要素がふんだんに盛り込まれているので、そういうものが好きな方にはお勧めです。基本的に誰が観ても外れるという事はありません。確実に当たりのドラマですので観ておいて損はないでしょう。

とにかくジョンのイケメン戦闘員ぶりが目立つドラマではあります。

個人的には悪徳警官(元)のファスコがなかなか良い味を出しているのではないかと思います。ファスコとカーターの不思議な関係も最初はなかなかジレンマを感じて面白いものがあります。

グロテスクなシーンもほぼありませんので食事中でも大丈夫です。

<追記>

シーズン3からさらに面白くなる事を確認しました。このドラマを観るならシーズン3以降を必ず観て下さい!★5レベルの面白さになってきます。やはり登場人物次第でドラマは大きく変わりますね。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ