フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

<ストーリー>

「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品。ゾンビが蔓延する世の中になる過程を描いた、ウォーキング・デッドの前日譚(登場人物にはかぶりはなし)。

<作品イメージ>

ホラーシリアス

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • マディソン・クラーク:キム・ディケンズ
  • トラヴィス・マナワ:クリフ・カーティス
  • ニック・クラーク:フランク・ディレイン
  • アリシア・クラーク:アリシア・デブナム=ケアリー

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

シーズン2(15話)まで視聴してのレビューです。

大人気ドラマである「ウォーキング・デッド」の前日譚という事で期待度が大きい中で開始されたスピンオフ作品です。

個人的には「ウォーキング・デッド」の登場人物が出るのかと思っていましたが、シーズン2時点では出ていませんのでおそらく全く別の方をメインとしたストーリーのまま展開すると思います。そのため、「ウォーキング・デッド」への思い入れはあっても最初はなかなか入り込めない部分があるかもしれません。

前日譚と言う事でゾンビが生まれたくらいからの開始となりますが、なんとなく、なぜそれらが生まれたのかあまり良く理解できないままゾンビが増えてしまったドラマと感じています。

さて、面白いかどうかなのですが、これは個人差があると思います。「ウォーキング・デッド」大好きな管理人としてはシーズン1は正直物足りなさ・・・というよりもあまり面白くないなと思っていました。キャラがなんか似たような顔の方もいますし、キャラの個性が今一つ弱い(何というか「ウォーキング・デッド」のような愛すべきキャラというものではない)事もあり中毒性も弱いと思いました。

シーズン2になってからはゾンビの数の増加と共に面白くなってきましたが、それでも本家「ウォーキング・デッド」を超える事はまずないだろうなと思うできばえではあります。

このドラマが何シーズンまでやるのか分かりませんが(本記事執筆時点でシーズン3の前半がAmazonプライム会員用に配信されている模様。会員ではないので私は観ていません)、メインとなる家族を追うのであれば人気がある間はいくらでもストーリーは続くかもとは感じています。

どちらかと言えば、オリジナルの事は無視してこのドラマはこのドラマとして視聴する方が楽しめるのではないかなとは思います。シーズン2で少し面白くなってきたとは言え、まだまだ頑張ってほしい所ではあります。今後のストーリーに期待。

とはいえ、キャストはあまり好きになれないんですけどね・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ