サバイバー: 宿命の大統領

<ストーリー>

連邦議会議事堂が爆破され議会も内閣も全滅と言う事態に陥る。その時に指定生存者として待機していたトム・カークマンが大統領権限継承順位1位となり、大統領に就任する。

<作品イメージ>

刑事ものサスペンスシリアス

<管理人による評価>

★5

<主要キャスト>

  • トム・カークマン:キーファー・サザーランド
  • アレックス:ナターシャ・マケルホーン
  • アーロン:エイダン・カント
  • エミリー:イタリア・リッチ
  • セス:カル・ペン
  • ハンナ:マギー・Q

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

Netflixオリジナル。

Netflixオリジナルドラマにあの「24」のキーファー・サザーランドが出るとなっては観ないわけにはいきません!海外ドラマに私がはまったのはまさに「24」を観てからなのですが、そんな理由もあり、期待感マックスで視聴を開始しました。

「24」では大統領を命をかけて守る事が多かったキーファーですが、今回はその逆で自分が大統領になるというもの。

しかも、その設定がまた面白いのです。大統領とは程遠い閣僚の一人だった彼が、大事な会議に出ず(出してもらえず)にいた事で命拾いをして大統領になるという予想もしない話なのです。

ネタバレは基本的に書かないので、ドラマのあらすじに書いている程度のところで止めますが、シーズン1を観た私が言えることは、

「海外ドラマファンならこれは観ないといけない」

と言う事でしょうか。「24」と似たような緊迫感のあるドラマで1話目からかなりとばしていきます。ジャック・バウアーのような荒くれ者ではないキーファーというのもなかなか新鮮です。

そして、このドラマは主役級の女優であるマギー・Qもかなり重要な役どころとして登場しています。

実は私がこのドラマについての感想をTwitterで書いたところ、なんとマギー・Qの吹替えを担当しておられる声優の松浦裕美子さんが私のツイートを拾ってくれて「いいね」をしてくれているのに気づきました。

実は私は元々吹替えではほとんど観ない方で、基本は字幕で観ているのですが、それをきっかけにそれ以降は吹替えで視聴したわけですが、マギー・Qの吹替えは全く違和感なく、まさに格好良くてストイックな彼女らしい声だと感じました。

私が過去に観たドラマや映画でもいろいろと吹替えを担当されていたようで、何気に「声」だけは聴いていたという事で不思議な気持ちが致しました。

話がそれましたが、そういう出来事とは関係なく、このドラマははまる率100%の面白いドラマだと思います。

現時点ではまだシーズン1までしか配信されていませんが、今後のシナリオ展開がとても気になる傑作ドラマだと思います。

Netflixのオリジナルは他のVODサービスとは比較にならないくらい質の高い作品を数多く出しているので、本当に驚きですね。もう普通のテレビ局と変わらないな~と思うばかりです。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ