レジェンド・オブ・トゥモロー

<ストーリー>

2166年。時の万人タイム・マスターであるリップ・ハンターは世界を救うために150年前に戻り­ヒーローや悪党たちを集めてチームを作る。不死身の悪人ヴァンダル・サベッジを倒す事が出来るのか?

<作品イメージ>

超能力アクションSF

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • レナード・スナート/キャプテン・コールド:ウェントワース・ミラー
  • ミック・ロリー/ヒートウェーブ:ドミニク・パーセル
  • レイ・パーマー/アトム:ブランドン・ラウス
  • サラ・ランス/ホワイトキャナリー:ケイティ・ロッツ
  • リップ・ハンター:アーサー・ダーヴィル
  • マーティン・シュタイン/ファイヤーストーム:ヴィクター・ガーバー
  • ジェファーソン・”ジャックス”・ジャクソン/ファイヤーストーム:フランツ・ドラメー
  • ケンドラ・ソーンダース/ホークガール:シアラ・レネー

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

DCコミックで大人気のヒーローが大集結して悪と戦うドラマです。DCコミック関係はいろいろとドラマ化されているため、ドラマ好きであれば、このドラマを観て誰も知らないという事はないと思います。

それぞれの特殊スキルを生かしつつ時空を超えて悪と戦います。

何といっても驚くであろうキャスティングとしてはあの「プリズン・ブレイク」のスコフィールド兄弟がキャプテン・コールド&ヒートウェーブ役の相棒同士として登場します。物凄く不思議な感覚になりますが、「プリズン・ブレイク」とはまた違った2人の魅力を感じる事が出来るでしょう。

さて、肝心のドラマの率直な感想を書かせて頂きますと、シーズン1を観終わった時点で言いますと、とりあえずいろいろと盛り込んでしまっているため、かえってそれぞれのヒーローのヒーローぶりが今一つスカッと来るレベルではないかなと感じています。というわけで個人的には単体作品を観た方がそれぞれのキャストの良さを伝える事が出来るので面白いかなとは思いました。

とはいえ、はずれというわけではなく、娯楽ドラマとしては十分な完成度ですのでお子さんと一緒に家族で楽しむというのにはとても向いているドラマだと思います。

悪との戦いという分かりやすい設定の中に、それぞれのキャストのバックボーンが絡み、それがどう展開していくか?是非貴方自身の目で確かめて下さい。

もう少しスケール感が大きいと良かったかなとは思います。戦闘シーンもちょっと小ぶりなため、ヒーローの能力をフルに生かした迫力はないかなと思います。この辺のバランスというのはどうしても様々な性格付けのヒーローが出てしまうと難しいのかなと思った次第です。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ