ダメージ

<ストーリー>

裁判に勝つためには何でもやる弁護士パティ・ヒューズと新人弁護士エレン・パーソンズを中心としたリーガル・サスペンス。

<作品イメージ>

サスペンス裁判ものシリアス

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • パティ・ヒューズ:グレン・クローズ
  • エレン・パーソンズ:ローズ・バーン
  • トム・シェイズ:テイト・ドノヴァン
  • アーサー・フロビシャー:テッド・ダンソン
  • デービッド・コナー:ノア・ビーン
  • レイ・フィスク::ジェリコ・イヴァネク

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

相当話が重い弁護士ものです。

海外では弁護士ものは沢山ありますが、その中でもかなり重厚なストーリーのもので「私はラブ・リーガル」のような軽快なものを想像すると痛い目にあいます。

他の弁護士ものは1エピソードにつき一つの事件を扱う(そして裁判が終わる)ものが多いですが、このドラマは長々とシーズン中裁判が続きます。

殺人事件なども絡みますし、とにかくシーズン1では謎が多くあり、その複雑さゆえに難しい、つまらないと感じる方もいるかもしれません。

そういう私も実は最初の数話を観てつまらないと感じ、観るのをやめました。その後再度見直したのですが、結論から言えばかなり面白いドラマであると自信を持って言えます。

実際にはいろいろな背景が見えてくるシーズン3くらいから、相当はまるドラマだと思います。観るなら最後まで観るつもりで観る事をお勧めします。きっと最後には面白いと感じるはずです。

このドラマは人間の裏の顔など、とにかく観たくない部分を色濃く表現していきます。観ていて心が洗われる事のないドラマですが(弁護士ものでは珍しい)、最終回まで観ると、とりあえずホッとできるストーリーだと思います。

なお、最初の方はとにかく話が分かりにくいため(他の弁護士ものと比べると)、スマホなどを使いながらのながら観は完全非推奨のドラマです。観るなら真剣によそ見せずに観て下さい。そうでなければ、このドラマを面白いとは感じないでしょうし、そもそも謎も謎のままで終わる可能性大です。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ