クルーソー

<ストーリー>

古典冒険小説の「ロビンソン・クルーソー漂流記」をアクションやアドベンチャー要素をふんだんに盛り込んでドラマ化。クルーソーと相棒のフライデーは孤島から脱出できるのか?

<作品イメージ>

歴史ものアクション打ち切り

<管理人による評価>

★4

<主要キャスト>

  • ロビンソン・クルーソー:フィリップ・ウィンチェスター
  • フライデー:トンガイ・キリサ
  • ブラックソーン:サム・ニール

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

シーズン1全12エピソードで打ち切りです。

但し打ち切りとは言えそれほどの問題がないように終了していますし、急いで終わらせたという感じでもないため視聴しても問題ありません。

さてドラマについてですが、イケメンのクルーソーと相棒の黒人フライデーが孤島で助け合いながら生活しているわけですが、クルーソーはいつかは自分の国に戻ると信じて様々に準備をしていました。そしてフライデーと共に島を出ようとチャンスをうかがうわけですが、なかなかうまくはいきません。その上時代背景上、人種差別も激しくまかり通っている時であり、フライデーの葛藤なども嫌と言う程感じます。

このドラマではストーリーの合間にクルーソーの過去の映像が流され後半に向け、何が起こったのかなどの謎が解き明かされていくようになります。

最後に脱出できたのかどうかは観てもらうとして、ドラマそのものはアクション要素も盛りだくさんであり、また冒険活劇らしい映像も多数ありと正直打ち切りにした理由が分からないくらいの満足度があります。

クルーソーとフライデーの掛け合いなどはコメディのようですし娯楽ドラマとして家族で観て問題ないものだと思います。個人的にはシーズン2以降もあるなら是非観てみたいと思うドラマでしたので打ち切りは残念としかいいようがありません。

孤島での話ですので登場人物は多くはありませんが、それぞれの人物の描き方も良くできていますし、中だるみもありませんので(一部このエピソードはいるのかなというのはありましたが)毎エピソード楽しめると思います。

というわけで個人的には十分お勧めできるドラマと思います。景色も美しいので大画面での視聴だとさらに良いと思います。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ