60デイズ・イン ~刑務所潜入60日~

<ストーリー>

7人の一般市民がボランティアでインディアナ州クラーク郡刑務所に60日間潜入し、刑務所内の様々な問題を探るドキュメンタリー。

<作品イメージ>

ドキュメンタリーシリアス

<管理人による評価>

★5

<主要キャスト>

  • 一般市民

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

気になった作品のためいつもはあまり観ないドキュメンタリーを視聴しました。

最初に結論から書きますと、「やっぱり事実は何よりもドラマ」であるという事。こんなに面白いドキュメンタリーだとは思いませんでした。

実際にある刑務所に経歴もバックボーンも異なる7人が60日間潜入するというものなのですが、一部の刑務官を除き、ほとんどの方が彼らの事を知らないため、犯罪者として収容しています。

そのため、犯罪者として様々な面で扱いを受けるわけです。また、刑務所内に潜む犯罪など、かなりリアルなため、極めてショッキングな内容であるとも言えます。

映像の最初にその点についての警告が出てきますが、真実であるがゆえの怖さを強く感じる作品であると思います。

最後まで無事に潜入が出来るのか、それともリタイアしてしまうのか、そのギリギリの所もきちんと映像として残っているため物凄く興味深く視聴できました。

個人的には一生忘れないであろう衝撃的な作品だったと思いましたし、心底見て良かったと思っています。但し前述の通り、あわない方は間違いなくいると思いますので、この番組を観る方は「自分にはきつい」と思ったらやめた方が良いと思います。

この番組を観ると日本の刑務所との違いを強く感じます。と、書いていますが私は入った事はありませんので、あくまでドラマなどで観る日本の刑務所との比較にはなりますが、日本のシステムの方が良いのでは?と思ったのは確かです。これだと犯罪は減らないだろうな・・・というのが私の本音です。

刑務所に入ると性格が変わるかもとも思いましたし、実際に参加者の人生にいろいろと影響を与えたと思います。

私はさすがにこういうチャレンジに参加する勇気はありませんが、こういう事を企画としてやってしまうアメリカって凄いなと思うばかりです。

日本では絶対にできない番組に興味がある方にはお勧めです。

ブログランキング・にほんブログ村へ