クローザー

<ストーリー>

凄腕の尋問技術を持ったブレンダ・リー・ジョンソン率いるロサンゼルス市警察のチーム(殺人特捜班から後半は重大犯罪課へ)の活躍ぶりを描いたドラマ。7シーズンまで続く大ヒットドラマ。シーズン7の後にスピンオフドラマの「Major Crimes ~重大犯罪課」が放映された事からもこのドラマの人気が伝わると思います。

<作品イメージ>

刑事ものコメディサスペンス

<管理人による評価>

★5

<主要キャスト>

  • ブレンダ・リー・ジョンソン:キーラ・セジウィック
  • デビッド・ガブリエル:コリー・レイノルズ
  • ルイ・プロベンザ:G・W・ベイリー
  • アンディー・フリン:トニー・デニソン
  • マイク・タオ:マイケル・ポール・チャン
  • フリオ・サンチェス:レイモンド・クルス
  • フリッツ・ハワード:ジョン・テニー

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

とにかく面白い捜査ものを観たいならばこの「クローザー」をお勧めします。

その理由は主役のブレンダを筆頭にとにかくチームの面々が濃い人ばかりなのです。最後まで観れば頷けますが、どの人を主役にしてスピンオフを作っても行けるのではないか?というくらいキャラの設定がうまいドラマです。

その中で特にお勧めはプロペンザです。彼の性格はとにかくこのドラマの面白さを何倍にもしてくれます。個人的には第二の主人公にしたいところです。

ストーリーは一般的な刑事ものと同じように事件があり、それを解決していくものではありますが、キーラ・セジウィック演ずるブレンダの性格が面白いです。ヒステリー持ちで、事件解決のためなら結構危ない事もやってのけるという大胆さも見逃せません。

シーズン1ではまだまだストーリー、全体のキャラ設定が視聴者に伝わり切ってないのでもしかすると満足度がそこまでは高くならないかもしれませんが、シーズンが進んでいくにつれて、続きがはやく観たいドラマに変わる事間違いないでしょう。

スピンオフの「Major Crimes ~重大犯罪課」も観ましたが、これはブレンダこそ出ないものの他のメンバーはそのままなので、「クローザー」を楽しんだ方であれば必見です。すんなりその世界観に入り込む事ができるでしょう。ほぼ「クローザー」ですので。

ブレンダの「Thank you」の決まり文句をこのドラマでは何度も耳にすると思いますが、一度聴くと忘れられない独特な言い回しはとても癖になります。

最終話まで楽しく、面白く、飽きないドラマです。コメディ要素もあるため(プロペンザがそもそもコメディ)、堅苦しい犯罪捜査に終始しないのも良い点です。

本当に面白いドラマ!そう自信を持ってお勧めできます。

 

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ