ベッドラム

<ストーリー>

祖父が残した精神病院をホテルへと改装したケイトだが、過去に病院で虐殺されたりした人々の霊があちこちに存在していました。そこに霊の事が見えるジェドがやってきて、心残りのまま死んでいった霊を救うために行動をするのであった。ホラードラマ。

<作品イメージ>

ホラーシリアスちょいエロ

<管理人による評価>

★3

<主要キャスト>

  • ジェド:テオ・ジェームズ
  • ケイト:シャーロット・ソルト
  • ライアン:ウィル・ヤング
  • モリー:アシュレイ・マデウィ
  • ウォーレン:ヒューゴ・スピアー

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

結論から書きますと観ないで良いドラマです。面白くないのか?と言う事ではなくいろいろな理由によります。

まずはストーリーについて。海外では珍しいホラードラマの一つですが、本格的なホラードラマです。海外のお化けは目全体が真っ黒という日本ではあまり見慣れないものですが、日本のホラー映画で海外でリメイクされたものを思い出して頂ければ、だいたい雰囲気は伝わると思います。

霊というそもそも存在があいまいなものが出てきますので、順序正しく出てくるわけもなく、なかなかストーリーは込み入っていたり難しいと思う部分もあります。

このドラマについては「ちょいエロドラマ」としても上げていますが、シーズン1は間違いなく結構ちょいエロな部類のものです。しかし、怖いシーンの間に出てきますので、そういう視線で観るというよりも、怖さのついでに観るという形になりますので、その手のシーンが好きな方であっても、怖いものが大丈夫な事が前提になります。結構怖い方のドラマかと思います。

さて、観ないで良いドラマと書いた理由は、サプライズが多すぎる点にあります。現時点ではシーズン2まで放映されたドラマですが、それぞれ6話の構成なのですが、シーズン1が中途半端に終わっているにも関わらず、何と、シーズン2では主要人物が変わってしまうという驚くべきサプライズが起こります。

で、その半端な部分がシーズン2で解明されるかと言うと、何とびっくり、シーズン2は2で新たな半端な謎を残してくれますので、最後には分からない事だらけの状態になります。

つまり、何の解決もせぬままにメンバーが変わり、またシーズン3もおそらくやらないだろうという(多分打ち切りです)状態にあります。不完全燃焼のドラマは結構ありますが、あそこまで半端な状態で主要メンバーが変わるドラマというのはある意味新しい息吹をドラマ界に吹き込んでくれたとさえ思ってしまうくらいでした。

単純に「今は怖いのが観たい」というのであれば、それぞれのエピソードはそこそこ終わっていますので観ても良いとは思いますが、物凄く期待してシーズン2までの12話を観るのは後悔する可能性があると思います。いわばバックボーンで動いているストーリーが解決せぬままにどんどん追いていかれるようなドラマです。

というわけで、怖いものが大丈夫でちょいエロが好きな方はシーズン1のみ観るというのでも良いのではと思います。他に観たいものがあるのにわざわざこのドラマに時間を割くのは、ホラーファン以外にはお勧め致しません。

つまらないわけではないけど、いろいろ勿体ないドラマだと思います。

それならレビューは書かないでも良いのでは?と思うかもしれませんが、何気に検索される事が多い割に情報がないドラマですので、レビューを書かせて頂きました。

当記事にて紹介している作品に関しまして、いずれのVODサービスで配信しているかなどは各公式ページ内にて自己責任にてご確認下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ