エージェントX

<ストーリー>

副大統領付きの極秘捜査員「エージェントX」ことジョン・ケースが様々な極秘ミッションを解決していく。

<作品イメージ>

アクションスパイ打ち切り

<管理人による評価>

★3

<主要キャスト>

  • ナタリー・マカビー:シャロン・ストーン
  • ジョン・ケース:ジェフ・ヘフナー
  • スタントン:ジェイミー・シェリダン
  • トーマス・エッカート:ジョン・シーア
  • マイルズ・ラザーン:マイク・コルター
  • マルコム・ミラー:ジェラルド・マクレイニー
  • オルガ:オルガ・フォンダ

<管理人が実際に観てのネタばれなしの解説>

シーズン1の10話で打ち切り。当初から10話だったようですが、更新がなかったのは数値があまりよくなかったのかな?と思います。

このドラマの見どころは何といっても主演でもある女性副大統領役を「氷の微笑」のシャロン・ストーンが演じている事です。製作総指揮にも名を連ねているという事ですが、最初の方のストーリーは結構先を期待させるものではありました。

ただ、そこそこ早い段階で打ち切り(更新しない事)が決まったのか、途中からちょっと話の流れが強引というか速いというかやや無茶な感は否めないかなと感じてきました。

そういう意味では途中から「10話で終わらせるためのストーリー」を見せられている感が個人的にはあったかなと思っています。話そのものはつまらない事はないので★4をつけても良いのですが、後半の強引な流れがあるので★3にします。

とはいえ、シーズンが終わった後に打ち切りが決まるタイプのものですと、壮大なクリフハンガーを残す事が多く、視聴者としてはたまらない絶望感に襲われますのでそう言う意味では強引ではあるものの許容できる内容で終わらせてくれたのは許せるかなと思っています。

設定そのものは結構面白いかなと思うのです。副大統領が実は影でいろいろと動いて問題を解決していくというのはそうはない話ですので面白いのですが、いかんせんこの設定ならもう少しひねりは欲しかったかなというのが本音です。

海外ドラマはシナリオが面白いのが多いため、このレベルの内容だと目の肥えた海外の視聴者は納得しないかなと思います。私自身がそうなのですからね。

というわけで、このドラマを観るべきかどうか?と言えば、イケメン好きなら観ても良いでしょう。最初の方は十分楽しむ事が出来ます。ただ、途中からはもはや副大統領云々というベース部分もどうでもいいかなと感じます。

もはや観る作品がないという方であれば視聴をお勧めしますが優先する作品ではありません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ