Netflixの再お試し期間が終わりましたが、サービス開始当時も感じていたサービス終了日の分かりにくさは相変わらず変わっていませんでした。これは社内の方は全くチェックしていないのだろうか?といつも思わざるを得ません。

*サービスそのものはとても良いものです。解約についての案内は前と変わらず「正確」ではないので、本記事ではそこについて書きたいと思います。

Netflixには1ヶ月の無料体験がある

VODサービスの多くは開始当初の一定期間を無料トライアル期間として利用できるようになっています。とはいえ、クレジットカードなどの支払い情報などは入力しなくてはいけません。トライアルが終わった後にそのまま自動で課金するためです。このシステムについては特に問題はないでしょう。

気になるのはNetflixの1ヶ月とはどういう基準?と言う事。例として2月と3月では日にちが違うし…と思う方もいるでしょう。

まず私が加入した日を書いておきます。

Netflix試用期間開始:2017年1月25日(水)

通常は1ヶ月ですので2月24日(金)まで利用できると考えるのが一般的でしょう。さて、解約の手続きをするといつと出るでしょうか?

Netflixの解約手続き実施

Netflixの解約はとても簡単です。迷う事なく誰もが出来る点は二重丸レベルです。そしてありがたい事にキャンセル予約が可能です。無料期間終了前のどの段階で解約手続きをしても、試用期間一杯まで利用が可能です。サービスによっては即時解約(しかし割引はなし)になるのでこの点はとても親切ですね。

Netflix解約時メッセージ

ここで上図をご覧頂きたいのですが、キャンセルの手続きを開始すると赤枠内にあるように「2017年2月23日」でキャンセルされる事が示されていました。

2017年1月25日(水)に開始して2017年2月23日(木)と言う事は1ヶ月ってどういう事なんだろう?とここで思われると思います。正直私も驚きました。ちょっとはやい気が…と思ったわけですが、実はNetflixの解約日の分かりにくさはこの後に顕著になります。

なお、パーソナライズされた各種設定は10ヶ月保存されます。要はマイリストなどを含めて10ヶ月は保存されるので再開される時は便利だという事です。この期間が終わるとそれらの情報は削除されます。

Netflix解約手続き完了

Netflix解約完了

実際に解約手続きが完了されると上図が表示されます。ここで2017年2月23日(木)までは映画やドラマが楽しめる事が分かります。1ヶ月ってどういう意味だろうとさらに思いますが、まあこう書かれるならそうなんでしょう。

最初の図では「2017年2月23日」でキャンセルされると書かれており(これを覚えておいてください)、次の図では「2017年2月23日」までは映画などが視聴できる事が書かれています。というわけでキャンセル日というのは視聴できる最後の日の事だろうと認識できるわけです。

…と思うわけですが

キャンセル確認のメールで混乱

さて、ここが問題です。キャンセルをするとアラートとしてメールが届きます。そのメールがこちらです。

アラートメール

なんと、キャンセル後のメールでは「2017年2月23日」のキャンセル日が「2017年2月24日」になっています。これは一体どういう事?と思うわけですが、これは以前加入した時も同様でした。とても分かりにくいですね。

そもそも1ヶ月であれば今回のメールの「2017年2月24日」までは利用できるはずなのですが、それまでの案内は1日差し引いたものになっていましたので困惑してしまうわけです。1日違うと最後のダッシュ視聴の割り振りに悩んでしまうわけです(加入しろよという意見は本記事ではさておきます^^;)。

そして、キャンセルされるという24日の3日前に再度アラートメールが届きました。

アラートメール

2月21日に届いたメールがこちらです。こちらも24日がキャンセル日になっていますね。そして「無料体験期間の終了と同時にキャンセルされます」と書いています。

思うのですが、本当に分かりにくいのですよね。何日までは視聴できると書いてもらえれば誰も誤解しないのに…と思うわけです。特に今回のように当初の告知とキャンセル日が異なっている場合など、それだけを知りたいと思うばかりです。どっちが正解なのだろうと。

結果いつまでNetflixは使えたか?

さて、皆さんの気になる所はここでしょう。結局Netflixはいつまで使えたのか?と言う事です。答えは以下の通りでした。

2017年2月24日(金)までは視聴できました。予想通り1ヶ月とは加入日と同じ日に課金日が来ると言う事です。

25日に加入したので次の25日が課金日初日になるというわけです。

で、Netflixは結局どうなの?

解約日の分かりにくさの記事ではありますが、Netflixそのものはと言えば、さすがのサービスだと思います。これも以前もった感想と同じですね。

驚いたのがモバイルとPCでの連携の快適さです。特にダウンロード作品との連携には目を見張るものがありました。他社ですとダウンロードしたものを途中まで観て、その続きをPCでと思っても最初から再生される事はよくあります。そしてこれはダウンロードなので仕方ないよなと思うわけですが、Netflixはダウンロードしたものであっても、そのまま見事に連携します。このシームレス率で言えば多分VODサービス最高峰だと思います。感動すら覚えます。

アプリについては(Androidでの確認)、これが他社でもあったら便利というものとして「ダウンロード可能な作品」というメニューが存在する事です。ダウンロードが出来るVODサービスは今では珍しくありませんが、ダウンロードできる作品の確認は一つずつ行わないといけないのが普通でした。しかし、Netflixのアプリではメニューにこれを用意し、探さなくても一覧で確認できるようになっています。とても便利な機能です。

その他、オリジナル作品の豊富さは選ぶのに悩むレベルですし(とはいえ、オリジナルだから面白いというわけではありません。あまり面白くないのもあります)、この料金設定でここまでの作品が視聴できるのは素晴らしいの一言でしょう。

ただ、同タイミングでHuludTVではウォーキングデッドのシーズン7を最速で配信していたわけですが(見逃し配信含む)、Netflixにはなく本記事時点ではシーズン6までの配信となっています。

話題の作品の配信スピードがやや遅いのは気になりますが、それでもバランス感の高さは流石に世界で大人気のサービスだけはあると実感できます。

再生プレイヤーの使いにくさ(他社に比べて。この点は本当に勿体ないです)や上記一部人気海外ドラマの見逃し配信が行われればかなり有力な選択肢となるでしょう。

いずれにしましてもこの価格体系でこれだけの作品が視聴できるのは素晴らしいの一言です。

ブログランキング・にほんブログ村へ