Huluのリニューアルが炎上騒ぎになっているのは既にいろいろなところで書かれているのでここでは私自身が考えるHuluの今後について思うことを率直に書きたいと思っています。

*これを読む段階では既に改善されている部分もあると思いますので、その点はご了承ください。

Huluがやってしまったまずい対応

まずHuluが今回のリニューアルで大きな炎上騒ぎになっているのはいくつかの理由があると思っています。重要なポイントをHulu歴5年近くの私なりに書いてみたいと思います。

  • 事前の告知なしにHDCP対応機器でなくては視聴できなくしてしまった点
    これが最も大きな問題であると同時にユーザー離れが今後も進むであろうクリティカルな理由だといえます。Huluは事前に視聴できなくなる機器をしつこいくらいに伝えていたわけですが、根本的な部分での変更をする事を告知しなかったのは問題でしょう。本来2017年2月にリニューアルする予定であり、昨年からその事については告知していたわけですから、HDCP対応機器でないと視聴できなくなる旨はいくらでも伝えられたわけです。しかも5月に延長したわけですから、なぜこんな大事な事をリニューアル後に伝えるのか正直理解に苦しみます。事前に伝えていればここまでの炎上は間違いなく起こってはいなかったでしょう。
  • トラブル多発にも関わらず当初はユーザーの環境に問題があるようなアナウンスをしていた事
    この点は誤解があるといけませんのできちんとかいておきますと、リニューアル後多くのユーザーから視聴できない、再生できない、画像が汚いなどの問い合わせを受けていたわけですが、その時にHuluが最初にPC公式サイトで出した案内はユーザー環境の確認をしてほしいというレベルのもので、Hulu側に問題があると認めるものではありませんでした。結果としてHuluはリニューアルの5日後に謝罪文を出したわけですが、とにかくこれを出すタイミングが遅すぎると思います。私自身この対応にはあきれてしまいました。そもそも事前に視聴できる環境を聞いているユーザーが多いわけですが、それでもこのような問題が起きるという事は普通に考えてHulu側に問題があるのは誰でも予想がつくわけです。企業としてこの点の対応は本当にお粗末であったと思います。
  • 大きな風呂敷を広げていた割に使い勝手の改悪がひどかった
    今回大きなリニューアルにあたり、物凄く期待させるような発言がHulu側からメディアを通じてあったわけですが、実際にできたものを見れば、ユーザー視点がごそっと抜けたようなインターフェイスでした。使い勝手の悪さはそれまでのHuluの良さをすべてかき消してしまうくらいのレベルであり、目的までのクリック数は最小限にするという今のあたりまえを無視してよく使う項目にたどり着くのに何度もクリックが必要になりました。これまでかなりの期間があったにも関わらずユーザーからの意見はおそらくまったく聞いていないのだろうと思った次第です。Silverlight云々の話も出ていますが、それも問題ですが、全体的に使いにくさは極まっていると思います。せっかくマルチプロフィール機能を実装して競合に差をつけるかもと思いましたが、それらの機能を試す気も起きないくらいに使いにくいです。
  • ユーザーが作り上げたものを廃止した
    私が特に気になったのは今までユーザーがせっせと作品の星評価を他のユーザーのためにつけていたにも関わらずその評価を一切表示しなくなった点です。おそらくこれを参考にして視聴するものを決めていた方は多いはずです。この点を考えてもHuluはユーザーの視点などなかったのだと言わざるを得ません。レビュー時代にレビューをはずすなど意味が分かりません。
  • ユーザビリティの悪さがひどい
    今回のリニューアルでは使い勝手が悪くなったのは既に書きましたが、エピソードごとのあらすじが表示されなくなったため(モバイルでは出る部分あり)、自分が観たものかどうかが分からなくなり、どれを次に観ればよいかの指針がなくなっています。また、モバイルやPCとの連携が不安定になり途中まで観てから他の端末で・・とやるとまったく異なる地点から再生される事も増えました。また意味不明なサムネイルの巨大化によりスクロールマークを覆ってしまうなど(PC)、本当に実際に確かめたのかを「確かめたい」くらいの動きになっています。PCではマウスをあわせたらそのエピソードのあらすじを出してほしいところです(以前の通り)。

でもHuluには期待しているのです

いろいろと書いてきましたが、私は5年近くのユーザーでもあるため、それでもHuluには期待しているのです。海外ドラマの強さはやはり魅力的ですし、ここ最近はHuluプレミア、その他、他社にはない攻め口も持っています。

今現在、Huluは特に夜間は不安定で画質が汚くなって観れたものではない事もありますが、少しずつよくなってきているのは感じています(下記ページでは本記事執筆時点では対応済みでさらなる強化中という事)。そのため、近日中には問題点の多くは改善されると思っています。

★参考:現在Huluが問題点として取り組んでいること

上記ページをご覧いただくと(上記は常に更新されています)、問題の多くが対応済みだという事が分かります。

この後Huluが残れるかどうかはインターフェイスを少しずつでも改善(ユーザーの声に耳を傾ける)できるかどうかにかかっていると思います。VOD利用に際して使い勝手の悪さはストレスになります。その点を改善しない限り、現在のトラブルだけを改善してもユーザー離れはまだ続くであろうと思っています。

Huluに上記以外で見直してほしい点は以下の通りです。

  • 今までできた事で悪化した分は改善する事(多数あります)
  • 毎回アクセスするたびにユーザーを選択させない事
  • 視聴中動画は最短でアクセスできるようにする事。他人のレコメンドより大事だっていつになったら気づくのだろうかとずっと感じています。
  • 新着エピソードがいつ配信されたのか日付を入れてほしいという事
  • モバイルアプリでエピソード視聴後に横向き画面からHuluトップに簡単に戻れるようにしてほしい事(これは本当に頼みます。再度観るか次を観るかしか出ないとかあり得ません)。
  • マイリストを使いやすくする事
  • その他、いろいろありますが割愛

リニューアル後によくなった点もあります

最後にHuluはリニューアルしてよくなった点もあります。そしてこれはもしトラブルが起きていなければ大きなメリットになるものです。

  • マルチプロフィールで1アカウントで6ユーザーまで利用可能
  • モバイルアプリで画質設定が細かくなりかなり遅い回線でも画質は汚いものの再生可能になった事(UQモバイルの低速モードでも再生できました。テストはandroid)
  • 配信期限が見えるようになった事(これは大きい)

Huluは返金するべきか?

今現在、Huluには返金してくれという要望が多数出ているようです。現時点ではHuluはそれについての回答をしていませんが、私自身は返金までは期待していません。

とはいえ、ある程度の日数まともに利用できない事が続いていますので何もなしでそのままというのも企業としての誠意がないでしょう。

そのため私が思うHuluなりの対応方法を考えてみました。

  • まともに視聴できなかった日数分の利用権利の延長(最も現実的かなと思っています)
  • 2週間などお詫びも含めたHuluチケットの提供(解約した方も時期を見て使えるので良い)
  • 1か月分のHuluチケットの提供(これくらいの大盤振る舞いなら許してくれる人も出てくるかも)

まあ、こんなところかなと思っていますが、実際には何もないという事もあると思っています。ただ、この謝罪の形いかんで既に離れてしまっているユーザーや離れそうなユーザーが戻ったり残ったりが変わってくると考えます。

次からは本当に「ユーザーの意見」を聞いてリニューアルをしてほしいと思うばかりです。私がもし今回のリニューアル内容を知っていたら、いろいろな点でNGをだしていたと思います。使い勝手の改悪だけはやってはいけません。

長々と書いてきましたが、Huluを応援する気持ちは変わりません。これをきっかけとしてユーザー視点をより強く意識してほしいと願うばかりです。

本記事は管理人個人の意見であり、読まれる方との環境や使い方の違いでまったく異なる意見の方もいると思います。それはそれで否定するものではありませんので、あくまでこういう意見の人もいるという事で読んでいただければと思います。

ほぼ読み返さずに書いていますので誤字脱字等あると思いますがご容赦ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ