HuluとU-NEXTのPCでの視聴における安定性などについて管理人の体感に基づいて感じた点をご紹介いたします。各社の技術的な詳細は分かりませんので、あくまで実使用における感想を考えて頂ければと思います。そのため、技術仕様との事実との差異などはあると思います。

バッファリングはまとめてやっている感のあるHulu

HuluもU-NEXTもストリーミング方式で動画再生をしていますが、そのバッファリングの量が少し異なるように思います。Huluはバッファリングをある程度まとめてやってから再生している感じがあります。そのため、途中でバッファ容量が不足すると、それを補うために再度ある程度の蓄積をするために一度のバッファリング状態の時間がやや長く感じられます。

場合によってはHuluの場合、そのままバッファリングが終わらない(バグ?)もあり、この状態になりますと手順を間違えると結構面倒な画面に飛ばされる事もあります。経験上はバッファリングがいつまでも止まらない場合には、下記の方法が一番良い結果を生んでいると思っています。

画面最上部のHuluロゴをクリックする

HuluのロゴをクリックするとHuluのトップ画面に戻されますが、表示されている視聴中の番組から今まで観ていたものを選べばすぐに再生が開始される事が多くあります。

また、もう一つのお勧めの方法としては、画面右下にある設定から「画質」を変更するという事でもこのバッファリングがお終わらない状態から抜けられたりします。例えば、中画質であれば低画質にする、あるいはその逆でもOKです。低画質から中画質に変えるとデータ量が増えるので、そもそももっと厳しいと思われそうですが、この状態の場合にはそう言う事は関係なく仕切り直しになるようで問題なく再生される事が多くあります。

少量のバッファリングで再生をしている感のあるU-NEXT

U-NEXTの場合、明らかにバッファリングの雰囲気がHuluと異なります。Huluよりも少ないデータしか蓄積していないように思います。そのため、短い時間の間に「短いバッファリング」を何度も繰り返す事があります。

例えば2秒ほどのバッファリングの後再生が開始され、その後また数秒止まってはすぐに再生するを繰り返すという事です。

この状態になりますと、やや落ち着かないというのがありますので、私の取っている対処法としては、

一時停止して待つ

という事をやっています。経験上は一時停止する事で安定したバッファリング量となっているのか、その後の再生が安定する事が多くあります。

ただ、U-NEXTについてはこれとは別の問題があるようです。それは再生時に一瞬画面が飛んでしまうという事です。その飛んでしまう量はわずかなのですが、場合によってはその隙にあるセリフが飛ばされる事もあり困ってしまう事もあります。

PCでの再生プレイヤーの使い勝手

上記のバッファリング状態は常に出るわけではありませんが、それぞれ「全くでない」わけでもありませんので、対処法を知っておくと楽になります。

それ以外のPCでの再生プレイヤーの使い勝手にも少し触れておきますと、この点についてはHuluの方がユーザー目線になっています。

U-NEXTはアプリの場合にはスキップと戻しボタンがあるものの、PCではそれとほぼ同じという機能がなく、数秒戻しなどもちょっと面倒だというのがあります。その点Huluはスキップはないものの、10秒戻しがあるため使い勝手が良いと言えます。

また、Huluは再生、一時停止を画面のどこでも出来るのですが、これが意外と便利な機能であり、これを使った後にU-NEXTを使用するとやや面倒さを感じてしまいます。

画質は総合的にみればHuluの方がやや上ではありますが、視聴の上ではいずれも気にする差異ではなくこの点は余程の事がない限り気にするレベルではないでしょう。いずれも十分な画質だと思います。

今回は実際に使用しての感想を書きましたが、人によっては環境などの違いもあり感じ方も異なると思います。そのため、一つの参考意見としてお読みいただければと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ